あえて和室部屋を残す理由

賃貸物件を探される場合「SUUMO」等といった『不動産賃貸用のポータルサイト』を活用されるのが一般的です。

​希望家賃・築年数、エリアなどお客様の希望条件を直接入力し、検索ボタンを押すと、条件に合った物件が掲載されますので、賃貸物件を募集する際、できる限りお客様のニーズに合った設備を導入するのが当たり前となっています。

ファミリータイプの賃貸物件には、和室部屋があるのは昔では当たり前でしたが、時代の変化と共に、和室の需要がなくなり、今では新築物件では、和室部屋はまず見かけなくなり、また和室部屋があることにより、ポータルサイト上でも不利になることから、近年では、和室部屋を洋室に間取り変更する物件が多くなってきています。

当物件は1993年に建てられた物件ということもあるので、基本的に和室部屋は標準装備となっていますが、現在でもあえて和室部屋は残して募集を行っていますが、ただ当物件の和室部屋は、和室離れが深刻になっている若い世代でも、受け入れられています。

人気の理由①:リラックスができる事

日常生活を維持することは、とても大変なこと。子育てや仕事は常にストレスと隣り合わせな状態となっているので、ちょっとした時に、ふと横になりたい時は、誰にでもあること。

そんな時、和室部屋があればとても便利ですよね。

当物件では一部の部屋を除き、全室和室部屋がありますが、2017年以降リフォーム・リノベーションをした部屋には、お洒落な琉球畳を敷いた和室部屋が標準装備されています。

​畳の色に採用しているベージュは、色彩学的には「筋肉の緊張を解きほぐす効果」があると言われているので、和室部屋でごろ寝することは、知らない間にストレス解消をしていることと同じことになります。

​また、畳には吸音効果が期待でき、階下に生活音(足音)を響きにくくしてくれます。お子さんがいるご家庭では、生活音トラブルが発生しやすいので、和室部屋があると、とても便利になります。

​ポータルサイト検索

人気の理由②:退去費用が基本発生しない

賃貸で和室部屋がある場合、基本的に通常使用であったとしても、畳の表替えと襖交換代は発生いたします。このことは賃貸借契約書に必ず記載されてはいますが、通常の畳は「日焼け」がしやすい性質があり、きれいに使っていたとしても、退去時には日焼けがどうしても残ってしまいますので、畳や襖に関しては、ご入居者様の負担で表替えの費用を支払っていただく事になります。

​しかし、当物件で採用している琉球畳は、日焼けがしにくい性質を有しているので、表替えの必要性がないことから、退去時に費用が発生することは原則としてはありません。ただし入居期間中に、お客様が故意に破損させてしまった場合は、入居期間関係なく、費用が発生いたします。

人気の理由③:ダニが発生しにくい

和室離れが深刻となっている理由の一つに、ダニの問題があります。

​通常の畳は「イグサ」を使用していますが、入居時には新しい畳を導入するのでダニなどは付着しないのですが、ダニが発生しやすい環境(温度25~28℃/湿度70~80%)にあると、ダニが発生し、また掃除を怠っていると、髪の毛などもエサにしてしまうので、ダニを増やしてしまう原因になりますが、当物件で採用している琉球畳は「和紙」でできていて、ダニやカビが発生しにくいので、普段の掃除をしっかりと行ってもらえれば、ダニの心配はしなくても、大丈夫です。