​壁付けキッチンにこだわる理由

賃貸物件の設備トレンドは、近年目まぐるしく変化しています。

ファミリー向け賃貸物件の場合、女性(奥様)が一日部屋でお過ごしになる方が多いことから、近年施工された賃貸物件においては、対面キッチンが主流となっています。

対面キッチンは、家族の様子を伺いながら料理ができるという点で、若い世代から圧倒的な支持を得ているキッチン。

​当物件では2018年より、空き部屋を順次リノベーションを行っていますが、ただキッチンに関しては、今までの壁付けキッチンをアレンジこそはしているものの、同じものを使用。

当物件では賃貸だからこそあえて壁付けにこだわっていますが、その理由とは?

​理由①

​LDKの広さを確保するため

​賃貸物件のお部屋は、限られた広さしかありません。

その結果キッチンは戸建てと比べて広いものを導入することはできませんので、どうしても収納・調理スペースが犠牲となってしまい、狭めとなっていますが、実は対面キッチンを導入することにより、約4帖スペースを確保している影響で、ダイニング・リビング空間がその分狭くなってしまいます。

一方、壁付けキッチンの場合は、約1畳ほどのスペースしかありませんので、ダイニング・リビング空間が犠牲になることはなく、むしろ開放感を感じられるので、広々とした李便で暮らしたい方にはピッタリ。

​理由②

​調理スペースを確保するため

​最新の対面キッチンであっても、戸建て用のキッチンとは異なり、賃貸用に作られた対面キッチンとなっているため、食材などを切る「調理スペース」は、意外と狭めとなっていて、まな板一枚置いたら、他のものはあまり置けないケースは意外にあります。

当物件のオリジナルキッチンは、壁付けキッチンではありますが、調理スペースを確保すべく、可動式のキッチンカウンターを独自に新設。その結果、従来のキッチンと比べて調理スペースが2倍に広くなったので、食材の下ごしらえをする時、とても使いやすくなりました。

​また、カウンターを対面に移動させることにより、憧れの対面キッチンにもなります。

​理由③

コストを抑えるため

当物件のオリジナルキッチンは、マスコミの方にも取材を受けるほど、ものすごく人気があるキッチンとなっていますが、実は最初は壁付けから対面キッチンにしようと考え、見積もりを取ったところ、1台変えるだけで100万円ぐらいの費用が掛かると言われました。

ある程度覚悟していたものの、100万円もの費用がかかってしまうと、どうしても家賃の部分に一部上乗せしなければ、経営が成り立たないと感じましたが、今度は家賃が高すぎてしまうと、借り手がいなくなると思ったので、それならば既存のキッチンを生かした当物件独自のキッチンを作ろうと思い、今のキッチンが出来上がりました。

​今となっては、こちらのキッチンの方がはるかに価値があるので、結果オーライといった感じですね。