「おしゃれな部屋」探しは大切ですが、問題は入居後快適に暮らせらるかどうかでは?


こんにちは!

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



来年の春ぐらいに、賃貸物件に入居される方は、少し時期は早いものの、どの様なお部屋に住もうか検討されていますよね?


皆さんはどのようなお部屋に住みたいですか?

山梨県の賃貸物件でも、最近「おしゃれな部屋」にリノベーションをするお部屋が増えてきています。HP上の写真で見る限りでしかわかりませんが、おしゃれな壁紙などをアクセントとして活用したお部屋が多数ありますので、おしゃれな部屋に住みたい方にとっては、理想的なお部屋に巡り合う確率が高くなるのではないでしょうか?



しかし、どのお部屋の物件紹介でもそうなのですが…

入居後の暮らし方の説明が、全然ないんですよね??


賃貸物件で一番大切なのは、入居後であると考えます。

例えば、最近では築年数が経過したお部屋の「設備や内装」を一新させた「リノベーション」が流行っていますが、築年数が経過した物件は、新築や築年数が浅い物件と比べると、どうしても居住性の部分では劣ってしまいます。


そこの部分をしっかりと説明をしている賃貸物件は、正直言って少なすぎ。


例えば、洗面脱衣所。

洗面脱衣所は浴室と同じところにあるので、どうしても湿気がたまりやすいですよね?

戸建てのお家なら、窓があるケースがあるので「湿気」を防ぐ事も可能になりますが、賃貸物件の場合、洗面脱衣所に「窓」があるケースは少ないので、どうしても湿気がたまり、カビが生えやすい環境になってしまいます。


カビが生えやすい環境のままで、脱衣所などを使っていれば、確実に健康にも害を及ぼしてしまいますが、このような部分を本来ならば、リノベーションの際にしっかりと対策を講じるべきではありますが、見た目の「おしゃれ」感を演出するために、あまり対策を講じていない物件が殆どです。




しかし、グレイスロイヤルは違います。

グレイスロイヤルのリノベーションは、「おしゃれなカフェ」のような居心地をいつまでも体感できるようなお部屋になっていますが、実は本当の狙いは、入居後快適な生活がいつまでも続くように、様々な取り組みを行っています。



上級グレードのお部屋には、漆喰を施工。

上級グレードのお部屋の居住スペース(LDK・和室・洋室)の壁には「漆喰」を施工しています。漆喰を施工することにより、様々な効果を得ることができますが、何が一番優れているのか?と言われたとき、即答で言いたいのは「ホコリやごみなどが壁に付着しづらくなる」こと。


殆どの賃貸物件の壁は、クロスと呼ばれる壁紙を施工してあります。

一部の機能性壁紙を除いてば、壁紙を貼っても何の効果もありません。

逆に壁紙は、凹凸があるのでホコリやごみなどがたまりやすくなります。


定期的に壁を乾いたぞうきんなどで「カラ拭き」をすれば、ホコリが取れますが、掃除をしていないと、ホコリがたまっているお部屋の空気を吸っているのと同じことになり、特に小さなお子さんがいるご家庭にとってはとても心配ですよね?



しかし、漆喰を壁に施工するだけで、ホコリやごみなどが付着しづらくなりますので、結果的にホコリが空気中に舞い上がりませんので、健康的な生活をいつまでも維持することができます。



また先ほど例に出した洗面脱衣所ですが…

グレイスロイヤルの場合、洗面脱衣所の壁には「湿気を吸収・放出してくれる機能性壁紙」をすべての壁・天井に施工してあります。


また上級グレードのお部屋には、玄関エントランスの一部に「漆喰」を施工してあるので、脱衣所の換気をする場合には、ロールカーテンを開けておけば、漆喰が湿度を吸収してくれるので、脱衣所内にカビが発生する確率は確実に下がります。



グレイスロイヤルのリノベーションは、このような目では見えない部分までも、しっかりと対応していますので、安心して生活をすることができます。



お部屋探しの際には、ぜひご参考にしていただければ、幸いです。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#山梨 #甲府 #大里町 #賃貸 #アパート #グレイスロイヤル

#デザイナーズ #インテリア #リノベーション #和室 #琉球畳

#おしゃれ賃貸 #カフェ風 #キッチン #ナチュラルテイスト #漆喰

#仲介手数料無料