「月々の家賃並みで戸建てに住める」というキャッチフレーズには要注意!


こんにちは!

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


さて、近年は住宅ローン減税の恩恵や住宅ローン金利が低いこともあり「戸建て住宅」に住み替える方の割合が多くなってきています。


いつかはマイホームを建てたいという気持ちわかりますが…

よく住宅メーカーのHPやチラシを見てみると「月々の家賃並み」の感覚で、戸建て(注文)住宅に住めるとうたってあれば、だれもが戸建て住宅に住みたいなと思いますよね!


確かに、最近の戸建て住宅はローコスト住宅もありますので、(エリアにこだわらなけば)土地と建物で2000万円以下というところもあり得ます。そうなると月々の返済額は、本当に賃貸の家賃並みになります。



賃貸は、何年住んでいたとしても自分のものにはなりませんが、戸建て住宅の場合はローンが完済すれば、完全に自分の所有物となり、資産になりますよね!



しかし、月々の家賃並みで戸建て住宅に本当に住めると思いますか?



よく見てみると、一番大切なところが抜けている(というより説明がない)箇所があります

(どの住宅メーカーのチラシやHPを見てもこの部分の説明が全くありません)



それは…

*固定資産税の支払いと

*地震(火災)保険の支払い

*将来の修繕費の支払い



賃貸物件の場合「固定資産税」は物件を所有しているオーナーが支払っていましたが、戸建て住宅の場合は、住宅を購入された方が支払うことになります。



固定資産税は年に4回(もちろん一括納付もありますが)支払うことになります。

エリアや住宅の規模によって税金は異なりますので、一概にいうことはできませんが、月払いをしていると仮定した場合、毎月数千円~数万円ぐらいのお金がなくなる事になります。



また地震(火災保険)の支払いも、掛け金をどのくらいにするかにもよりますが、月払いをすると仮定しても、月数千円~数万円を支払わないといけなくなります。



ここまでは、毎年必ず支払わなければならない費用でしたが、戸建て住宅は10年に1回の割合で(あくまでも目安)外壁塗装をしなければなりません。


住宅メーカーで施工された方の一部では、30年間保証(塗装込み)というものもありますので一概に言えませんが、だいたいの戸建て住宅の場合、外壁塗装の費用は住んでいる方が支払わないといけないので、その分の費用をあらかじめ捻出しておかなければなりません。


最後に一番気を付けないといけないことは、住宅ローン減税が終了後、今までは節税として支払わなかった税金を今度は支払うことになります。

(本来支払うべき税金だったのが、一定期間だけ払わなくてもいい=住宅ローン減税)


そうなると、事実上の増税となりますので、住宅ローン減税を頼りにしていた方にとっては年間数十万円税金を支払わないといけないので、今のうちからしっかりと対策を練っておいた方がいいですよね!



仮に、戸建て住宅の月々ローンが6万円と仮定し、固定資産税・地震保険を月払いにした場合、住宅関連の支払い額は月6万円で足りますか?


固定資産税や地震保険は、「個人で支払う」ものだから関係はないと、もし住宅メーカーが主張した場合、それはおかしな話です。


例えば、子育てや介護にかかる費用に関しては、住宅関連とは言い切れないので特に考えなくてもいいのですが、固定資産税や地震保険は、毎年必ず支払わないとしけないお金です。


その費用も含んだうえで、「毎月の家賃並みで戸建て住宅に住める」ならばまだいいのですが、殆どの住宅メーカーはそれら(デメリット)の部分をしっかりと説明していないので、果たして本当に家賃並みの金額で戸建てに住めるのか、はっきり言って懐疑的です。




家は一生の買い物であり、おそらく個人が支払う金額としては最も高いものですので、仮に戸建て住宅を購入される場合は、デメリットの部分をしっかりと把握した方がいいのかもしれません。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#山梨 #甲府 #大里町 #賃貸 #アパート #グレイスロイヤル

#デザイナーズ #インテリア #リノベーション #和室 #琉球畳

#おしゃれ賃貸 #カフェ風 #キッチン #ナチュラルテイスト #漆喰




4回の閲覧