あなたの築古物件に対する常識は、実は大いに間違っていた!


こんにちは!

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



「築年数が古い賃貸アパート」と聞くと、どうしてもネガティブなイメージを持たれやすいですよね…。


築古アパート=見た目が古いのか!

築年数が経過した物件は、外壁塗装が薄くなってしまい、どうしても古さが目立ってしまいますので、マイナスイメージを持たれやすいんです。(やっぱりね!といった感じで…)


実際に、グレイスロイヤルがある甲府市大里町周辺の、築年数が経過した賃貸アパートの中には、外壁塗装や設備交換を全くしていないアパートがあり、どの角度から見ても「古さ」が先行してしまいます。



どこから見ても古いアパートには見えませんが、今年で26年目です。

グレイスロイヤルは1993年に施工された賃貸アパートで、今年で26年目を迎える築古アパートですが、一昨年に全棟・外壁塗装を行ったので、物件が古いというイメージは全く思い浮かばないと思います。



先代オーナー(祖父・父)が植栽好きということもあり、アパート内には植栽が多数植えられています。


また築年数が古いアパートのお部屋のイメージと聞くと

「キッチンが使いにくい」

「水回り関連が汚い」

このようなイメージを持たれやすいと思います。



リノベーションする前のお部屋は、まさに築古さが前面に出ていました。

しかし、グレイスロイヤルでは昨年の4月より、ナチュラルテイストに特化したリノベーションを展開していて、今までの賃貸アパートのリノベーションの概念を覆すほど、お部屋の雰囲気を明るくし、毎日の生活がワクワクするようなお部屋になりました。




パイン材で作ったキッチンは、温かみ感が全然違います。

注文住宅でしかお見えにかからないおしゃれな洗面台が毎日使えます。

お風呂も完全リニューアルしています。

生活感を感じさせない、おしゃれなトイレ

どうでしょうか?

おそらく皆さんが思っている「築古アパート」のイメージとは180度違ったお部屋だと思いますが、グレイスロイヤルが行っているナチュラルテイストのリノベーションは、古さを逆に魅力として伝えていますので、何ら違和感なく受け入れられていると思います。


もしよく行っている通常のリノベーション(設備を最新なものに取り換える)を行っていたら、お部屋に違和感を感じると思います。


外壁塗装をしっかり行っていたとしても、築古アパートは所詮古いアパート。

これはどんなことがあっても変えることができない事実。


それならば、逆に「古さ」をプラスに変えたリノベーションをした方が、お客様にインパクトを与えると思い、ナチュラルテイストのリノベーションを展開しています。



今秋募集を行うお部屋も、ナチュラルテイストに特化したリノベーションとなりますので、パイン材が持つ「木の温かみ」や「ぬくもり」を感じながら生活を送りたい方には、まさにぴったりのお部屋になると思います。


もしかしたら、築古アパートを敬遠している人は、大事な宝物を自ら放棄をしているのかもしれませんね!



お部屋探しの参考にしていただければ、幸いです。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#山梨 #甲府 #大里町 #賃貸 #アパート #グレイスロイヤル

#デザイナーズ #インテリア #リノベーション #和室 #琉球畳

#おしゃれ賃貸 #カフェ風 #キッチン #ナチュラルテイスト #漆喰