いい夫婦の日記念ブログ。夫婦一緒に料理をすると円満度が1.2倍に!

最終更新: 2月5日


こんばんは!

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


さて、今日は11月22日。語呂合わせで「いい夫婦の日」です。


日ごろのお料理をするのは、どちらが主にしていますか?

いい夫婦の日にちなんで、今日のブログは夫婦仲についてお話ししたいと思います。


実に興味深いデーターを探してしまいました。

「Oisix」が全国の既婚者550人にアンケート調査をしたところ

『夫婦二人で料理をすることが「夫婦円満」につながる』と回答したのが84.6%いたことがわかり、また週に1~2回一緒に料理をする夫婦は、しない夫婦と比べると円満度が1.2倍違うことが分かりました。


今の時代、男性(旦那さん)も料理をする時代になっていますが、それでも食事の用意をするのはまだまだ女性(奥さん)の方が主役になっているのではと思いますが、夫婦円満という観点では、ご夫婦で一緒に料理をする方がより良い関係性を構築できることになりますよね。


ただ賃貸物件の場合、夫婦で一緒にキッチンに立つと、すれ違う時に「ぶつかってしまう」ことや、調理スペースが狭いので、夫婦が一緒にキッチンに立つと、圧迫感を感じてしまう恐れがあります。



しかし、現在募集中のS202号室のお部屋ならば、絶対にすれ違ってもぶつかるようなことはありませんし、調理スペースが足りないということもあり得ません。


S202号室のキッチン。ナチュラルテイストのキッチンは女性に人気です。

グレイスロイヤルのキッチンは「壁付け」キッチンですが、キッチンの右側にある「作業台がついた可動式キャビネット」が夫婦円満をさらに高める必須設備となっています。


こちらのキャビネットの上部にはステンレスが取り付けてありますので、調理台として活用することができます。例えば、キャビネットをL字型に設置することで、食材の下ごしらえをする人と、食材を炒める人に分かれて作業をすることができます。


キャビネットをL字型に置いた場合のレイアウト

またキャビネットを対面式にすることにより、リビングの様子を見ながら料理をすることも可能となります。


対面式にした場合のレイアウト

いかがですか?

近年施工された賃貸物件は、対面キッチンが設置されていますが、対面キッチンの場合、すれ違う時に、ぶつかってしまう可能性もあり、また賃貸の対面キッチンの調理スペースは、まな板一枚置くと、それ以外のものを置くことは難しくなりますが、グレイスロイヤルのキッチンは、調理スペースを従来の2倍の広さを確保したキャビネットを新設したことにより、作業効率の面からも格段に上がったのではと推察します。



グレイスロイヤルのキッチンは、作業効率の面からも格段に使いやすくはなりましたが、こちらのキッチンを使っても、ご夫婦がぶつかり合う場合が発生した時、原因はキッチンではなく、それ以外に理由がありますので、キッチンに対してクレームをされないよう、お願いいたします(笑)



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#山梨 #甲府 #大里町 #賃貸 #アパート #グレイスロイヤル

#デザイナーズ #インテリア #リノベーション #和室 #琉球畳

#おしゃれ賃貸 #カフェ風 #キッチン #ナチュラルテイスト #漆喰

#仲介手数料無料