いよいよ始まるマイナンバーカードで25%、最大5000円還元されるマイナポイント

最終更新: 4月29日


こんにちは。


新型コロナウイルスの影響による、家計支援の目的として開始される「10万円給付金」

早い所だと、来月の初旬には支給が開始されます。

10万円給付金を申請する際に、マイナンバーカードがあればオンライン申請することができるので、とっても簡単ではありますが、ここで気になるニュースが…

10万円給付金の取得方法についての記事は、こちら→→→記事を読む

朝日新聞によると、昨年の秋に国家公務員にマイナンバーカード取得について調査をした結果、なんと全体の25%しかマイナンバーカードを取得していないことがわかりました。また2020年2月25日現在、マイナンバーカードを取得したの人の割合はわずかに15%、6人に一人しか持っていません。


万が一、マイナンバーカードを取得していない方は、今すぐにマイナンバーカード新規申請をして下さい。というのも、現時点において2020年9月~2021年3月までの期間限定で、マイナンバーカード保有者を対象にポイント還元をすることが決まっているからです。


還元率は25%、2万円分の買い物での利用・チャージに関して一人当たり5000ポイント(5000円相当)が付与されるからです。


これってすごくないですか!

ただマイナンバーカードを持っていることが条件となっているので、もし今マイナンバーカードを持っていない方は、新規申請をしないといけません。


マイナンバーカードを取得するためには、スマートフォン・パソコン・郵便・指定の証明書写真機の内のいづれかの方法で申請をしなければなりませんが…

ただここで多くの方が不安になっていることと言えば、申請をする際「申請書ID」が必要になりますが、マイナンバーカードがスタートしてはや4年が経過していますので、申請書IDを紛失してしまった方の方が多いと思います。しかし、お住まいの市町村役場に行って「交付申請書」を再発行すれば申請ができますので、ご安心を!


申請をして約1か月後に、市町村役場から「交付通知書」が自宅に届きますので、それを市町村役場に持っていけば、マイナンバーカードが交付されます。


ここまでのおさらい

●マイナンバーカードを持っていない方は、新規申請をする

●申請方法はスマートフォン・パソコン・郵便・指定の証明書写真機の内のいづれかの方法

●申請書IDが必要になるが、IDがわからない方は、市町村役場に行き交付申請書をもらう

●手続きには約1か月かかる

●市町村役場から交付通知書が届くので、書類を市町村役場に持っていけば交付される


マイナポイントを利用する前に、事前に準備をすることとは?

マイナンバーカードが無事手元に届いたからと言って、まだこれではポイント還元を受け取ることはできません。


次に行うことは「マイキーID」を設定すること。

ではどのように行うのか?

1.マイキーIDを設定する方法は「スマーフォン」「パソコン」のどちらか

  ※スマートフォンの方が手続きが楽。

2.「マイナポイントアプリ」を検索→アプリをインストールする。

3.マイナポイントアプリをさせる

4.マイキーIDの発行をタップ→4桁の暗証番号を入力

(マイナンバーカードを申請した時に設定した暗証番号)

5.マイナンバーカードをスマートフォンで読み取る→マイキーIDは自動で読み取られる

6.マイキーIDは必ず保存する =以上で登録終了=

ここまでのおさらい

現在ではマイキーID設定まで行うことができます。


ここからは、先の話(2020年7月以降)になりますが、マイナポイント事業者への申し込みをして、実際に利用ができるのは同年9月からとなりますが、ただどの事業者がマイナポイント事業に参入しているかどうか、気になる所ですよね。


現時点において、参入を決めている事業者は下記のとおりです。

(ポイント公式サイトより抜粋)

FamiPay・メルペイ・ほろかマネーサービス・Suica・au PAY・d払い・電子マネーゆめか

CoGCa・J-Coin Pay・りそなウォレットサービス・PayPay・nanaco・LINE Pay・WAON

Bibica・くまモンのICカード・楽天Edy・ナギフトマネー・FKDハイカード電子マネーサービス・オレボポイントカード


マイナポイントを使用するにあたって注意


①ひとつのサービスについて、還元対象となるのはどちらかひとつ

(買い物での支払い・チャージ)

②ポイント還元を得るためには、2万円分の買い物・チャージが必要

③ポイントが付くのは利用後2か月以内、有効期限は少なくとも3か月以内

(各事業者が任意に定めている。ポイントは決済事業者の加盟店で利用可能)



現在、コロナウイルスの影響により「消費」が鈍っている状態が続いています。

コロナウイルスが終息~非常事態宣言が解除になれば、このポイント事業は景気回復の起爆剤の役割を担うのではないかと、期待していますので、もし皆さんが現在「マイナンバーカード」をお手元にない場合には、今すぐ申請したほうがお得になりますよ^^


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#マイナポイント #マイナンバーカード #ポイント還元


グレイスロイヤルからうれしい情報★ 詳細はこちら→今すぐクリック

2020年4月末までにご成約されると、敷金・礼金・仲介手数料+最初の4か月分の家賃が無料になるお部屋M202号室のご紹介

M棟のお部屋に関しては、家賃をリーズナブルな価格に抑えるため、リノベーションを限定(キッチン)のみにしていますが、キッチンはほかの部屋と同様のおしゃれなカフェ風キッチンを採用しています。

家賃が4か月分支払わなくて済むので、当座の生活資金を確保できます。

11回の閲覧