おしゃれなお部屋ができるまで。


おはようございます。

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


賃貸物件は、新築・築年数が古い物件であっても、どのお部屋も同じような感じになっていて、おしゃれなお部屋とは程遠い存在



おしゃれな部屋に住みたいと思っている方は、ご自身で何とか創意工夫をして作らなければなりませんが、ただおしゃれな部屋にしたいと思っていても、どうすればいいのかわからない方にとっては、とても苦痛になりますよね?


ネットで検索をすれば、おしゃれな部屋の作り方などを紹介していますが、ただネットで取り上げられているお部屋の壁紙と、賃貸物件使用されている壁紙は違いますので(賃貸用のほうが同じ白であっても暗い)、ネットで同じようにレイアウトをしても「なんか違う」と思ってしまうのは、もしかしたら、壁紙が影響を与えているのかもしれません。



そこで、グレイスロイヤルでは「おしゃれな部屋」に住みたいけれど、おしゃれな部屋にするためにはどのようなレイアウトにしたらいいのかわからない方、またおしゃれな部屋にすることが得意な方で、ワンランク上のおしゃれな部屋にしたいと考えている方にとって、まさに理想的なお部屋をご紹介しています。



おしゃれな部屋の代名詞と言ったら、やはりLDKの部分ですよね?

ただ、賃貸のキッチンで「どこかダサい?」と思っている方が多いので、最近では原状回復ができる専用のリメイクシートなどをキッチンの扉や換気扇など貼っていると思いますが、グレイスロイヤルのリノベーション部屋では、そのようなシートをわざわざ貼る必要がないほど、おしゃれなお部屋に仕上がっています。


といっていても、リノベーションをする前のLDKは、どこの賃貸物件でもあるようなフツーのお部屋でしたが、2018年4月以降に行ったリノベーション(上級グレード)では、おしゃれなカフェをイメージするようなナチュラルテイストのお部屋に仕上げました。


今回、ナチュラルテイストのLDKが出来上がるまでのショートムービーを作りました。



リノベーションをしたお部屋のキッチンは、他物件のリノベーション部屋でよくあるような最新のシステムキッチンではなく、おしゃれなカフェのキッチンの雰囲気を味わってもらいたいため、あえて今まで使用していたキッチンをリメイクをしました。


キッチンパネルは新しいものに交換をしましたが、キッチンの扉や各お部屋のドアに関しては、完全オーダーメイドで作っていますので、完成するまで1か月はかかります。


ただ、出来上がったキッチンはとてもオシャレというより、もはやインテリアの一つとしてカウントしてもいいほどの出来となってますので、一日の大半をキッチンで過ごすことが多い、子育てママさんたちにとっては、まさに理想的なキッチンといえると思います。


グレイスロイヤルのリノベーション部屋には、特徴があり、皆さんが現在死傷されている家具などに合わせやすくするため、アクセントクロスと呼ばれるおしゃれな壁紙は、上級グレードでは一切使用していません。


その代わり、健康的な暮らしを応援してくれる「漆喰」と呼ばれる塗り壁を、居住エリアのスペースの壁に施工してありますので、よりおしゃれなカフェのお店の雰囲気に近づいているのではないでしょうか?



最近では、リノベーションされた賃貸物件の中で「カフェのような生活ができる」とうたったお部屋がありますが、お部屋のインテリアの中で「木材」や「漆喰壁」などを取り入れなければ、カフェのような居心地の良い空間は生まれません。


グレイスロイヤルでは、おしゃれなパイン材をキッチンや洗面台、各お部屋のドアに採用をして、できる限りおしゃれ空間を楽しんでいただけるようにリノベーションをしているので、クオリティーの部分でも全く違ってきます。



お部屋選びの際、参考にしていただければ幸いです。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#山梨 #甲府 #大里町 #賃貸 #アパート #グレイスロイヤル

#デザイナーズ #インテリア #リノベーション #和室 #琉球畳

#おしゃれ賃貸 #カフェ風 #キッチン #ナチュラルテイスト #漆喰

#仲介手数料無料 #おしゃれな部屋