おしゃれなキッチンに立つ時間が楽しくなる。山梨おしゃれ賃貸、グレイスロイヤル。


賃貸物件にあるキッチンは、新築時に各部屋に導入する関係上、メーカー既製品を導入することになってしまいますが、ただデザイン性の部分においては、正直あまり期待することはできません。


昨今は、おうち時間が長くなってしまったせいもあり、キッチンに立つ時間が多くなった方もいるとは思いますが、特に女性(奥様)にしてみると、キッチンがおしゃれ空間になっていないと、家事をただ惰性的に行うことになるので、ストレスを感じてしまいがちに。


賃貸でおしゃれなキッチンにしたいと思っても、現実的には「原状回復義務」が生じるので、できたとしても「キッチン扉に剥がせられるシート」を貼るぐらいとなってしまいます。



甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、築年数が経過しているものの「2018年以降空き部屋を順次リノベーション」を行っていますが、リノベーションした部屋には「おしゃれすぎるナチュラルキッチン」が導入されているので、おしゃれなカフェのお店にあるキッチンを再現したかのような雰囲気を味わえることから、ついついお友達にも自慢したくなってしまいます。


そこで、今日のブログは、当物件のおしゃれなナチュラルキッチンの魅力について、お伝えしていきたいと思います。


 

目 次

1.キッチンリメイクした背景

2.キッチン完成まで約3週間かかります

3.長く愛されるキッチンを目指して

4.お客様の声

5.まとめ

 

1.キッチンリメイクした背景

(向かって左がリノベ前、右側がリノベ後のキッチン)


当物件は1993年に、祖父が相続税対策の一環として、賃貸アパート3棟を建設し、のちにもう1棟を追加し、賃貸経営を始めました。建てた当時は、賃貸物件の供給数も多くはなかったので、建物が完成する前には「すでに満室」となっていて、10年間ぐらいは安定した入居率を誇っていました。


しかし、2000年代に入ると、当物件以外にも次々にアパートが建てられ、こうなってくると古い物件には「見向きもしなくなってくる」ことから、家賃値下げを余儀なくされ、次第に経営は悪化の一途をたどっていき、2006年に祖父と父が病気で他界したことによって、急遽2代目オーナーに就任し、赤字続きだったアパートを復活させ、2014年に黒字化に成功、翌年にはアパートを法人化にして、会社経営としてアパート業務を行っていきました。


ただ、2017年の繁忙期、募集していた部屋が「殆ど埋まらず」経営は一気にマイナス方向に行ってしまったので、方針を180度変えて、空き部屋を順次リノベーションをしていこうと決意しました。


キッチンについて、当初はメーカー既製品を導入しようと思っていましたが、ただ見た目的におしゃれなキッチンであるとは到底言えず、またキッチンを交換したとしても、他のリノベーション物件と「同じもの」であると、もしリノベーション物件が乱立してしまった時には「また価格競争になってしまう」と感じたので、それならば「築年数を逆に武器にしたキッチン」=カフェ風キッチンを作ればいいのではと思い、現在の形にたどり着きました。



今まで使用していたキッチンをあえて生かして、キッチン扉とキッチンパネルは、新しいものに交換し、換気扇フードは塗装の色が薄れてきたので、再塗装した上で再設置したものという、至ってシンプルなキッチン製作ですが、ただこのキッチンを1台完成させるには、約3週間ぐらいかかってしまうので、とても大変です。



2.キッチン完成まで約3週間かかります



今まで使用したキッチンを「リメイク」する選択肢をとった、当物件のナチュラルキッチンは、とにかく手間がかかってしまいます。


まず、キッチン本体を全て取り外して「スケルトン状態」にし、その後家具屋さんにお願いをして、無垢材で製作したキッチン扉を、既存のキッチンに合うように加工~取付をして頂き、またキッチンパネルは新築当初から使用しているので、古さがとても感じてしまうことから、既存のキッチンパネルの上に「新しいものを貼り付ける」形で交換しています。


また今までのキッチンでは、調理スペースがとても狭かったので、利便性を高めるために、家具屋さんにお願いして「調理台を付けた可動式のキッチンカウンター」を製作して頂き、キッチン扉を取付日に、工場から手作業で設置して頂いてもらっています。



3.長く愛されるキッチンを目指して

長く愛されるキッチンを目指して

無垢材のメリットは、使用すればするほど「味が出てくる」ので、既製品では決して味わうことができない「温もり」や「温かみ」を常に感じられる点です。


ただ、キッチンはそう簡単に交換するわけにはいかないものなので、お客様に引き渡す前に、木材保護を目的とした処理をしなければなりません。


キッチン製作がすべて完了した後、職人さんが「オイルステイン」を丁寧に塗ってもらっていますが、オイルステインを塗ると、少し黄ばみが掛かった色となりますが、これが時間の刑と共に、さらに濃い色=飴色に近いようになっていくので、ナチュラルテイスト好きな方でしたら、キッチンにいる時間が「至福の時間」になることは間違いありません。



4.お客様の声

グレイスロイヤルのナチュラルキッチンは、多くのご入居者様から高い評価を頂いております

賃貸で「ナチュラルキッチン」を導入している物件は、全国的に見ても「ほとんどない」ことから、物件を見学された殆どのお客様は「ほぼ全員」驚かれます。


また当物件にご入居されたお客様の多くは、キッチンの魅力にひかれて入居を決意されたのですが、実際にこのキッチンをお使いになっているお客様は、どのように感じているのでしょうか?

 

可愛いキッチンになっているので料理がしたくなるキッチンになっている点は、すごく嬉しいです。壁付けキッチンではありますが、おしゃれなキッチンカウンターがあり使いやすく、対面キッチンみたいに使えるのでとてもラク!キッチンカウンター上部にあるステンレス(調理スペース)がとても広いので、食材の下ごしらえをする時、とても便利。

しかも、キッチンカウンターが可動式になっているので、キッチン内に二人いても狭いといった感じにはなりにくい点もメリットと言えます。またキッチンカウンター内には収納がとても多いので、食器棚を購入しなくても済んだことは、とてもうれしかったです。

(2021年ご入居者様)

 

5.まとめ


女性にとって部屋の水回り部分が「おしゃれ」になっていると、気分までもよくなってしまうものですが、当物件のリノベーション部屋に設置されているキッチンは、まるでおしゃれなカフェのお店にあるような、居心地の良さが魅力的になっているので、ついついお友達に自慢したくなってしまいます。


新型コロナウイルスが終息したら「休日はお友達をたくさん呼んで、思いっきりおうちカフェを楽しみたい!」と、本気で思うようなおしゃれなキッチンとなっています。


閲覧数:3回0件のコメント