おしゃれな壁に囲まれた居心地がいい生活。山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤル。



賃貸でおしゃれな壁があると、気持ち的にも落ち着きますよね。

賃貸でおしゃれな壁というと、「アクセントクロス」と呼ばれるおしゃれな壁紙を連想される方が多いと思います。


ただ、おうち時間が長くなった今、機械的に作られたアクセントクロスは、最初は良いと思っても、時間が経つにつれて「だんだん飽きて」きてしまいます。


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、築年数が経過していることもあり、2018年からリノベーションを展開しています。上級グレードの部屋には、自然素材の漆喰を施工していますが、漆喰が施工されてあると、居心地がいいだけではなく、快適な暮らしができるので、リノベーション部屋にご入居されているお客様からは、高い評価を頂いております。



①職人さんが手作業で塗った漆喰


山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルのリノベーション部屋においては、漆喰を施工

上級グレード部屋のLDK・和室・洋室の全ての部屋の壁には、自然素材の漆喰を施工しています。


漆喰とは「消石灰(水酸化カルシウム)を主たる固化材とする、塗り壁材料」で当物件においては、職人さん達にお願いをして、全て手作業で塗って頂いています。


手作業で塗ることによって、壁には多少「ムラ」が発生していますが、ただこのムラは手作業でなければ出せない「味」となっているので、ナチュラルテイスト部屋が好きな方にとっては、魅力的な部屋になるのはもちろん、居心地的にも十分味わえる部屋となります。



②調湿効果が凄い

調湿効果が期待できる漆喰は、夏場の電気代節約にも貢献できます

これからの時期は、室内の湿度が徐々に上がっていくので、日中の時間帯においても「エアコン」をしようしなければ、生活がしにくくなります。


昨年発生した「新型コロナウイルス」の影響により、テレワークに切り替わった方も多いと思いますが、テレワークになったことによって、在宅時間が増えたことによって、光熱費が昨年と同じ月と比べて「高く」なった方は多いと思います。


漆喰には「調湿作用」があり、室内が多湿傾向の場合は、漆喰が湿度を吸湿してくれるので、ジメジメとした感じにはならないことから、エアコン設定温度を低くしなくても、快適に過ごすことが可能となります。


どのくらい快適になったのかについては、別のブログで紹介していますので、興味がある方はこちらをご覧下さい。(ブログを読む) 



③睡眠の質が高まる

調湿効果がある漆喰は、夏場の睡眠不足解決に貢献してくれそう

夏場、お休みになる時に「エアコン」をつけっぱなしで寝られる方も多いと思いますが、エアコン設定温度を「低く」してしまうと、寝冷えを起こしてしまい「夏風邪」の原因にもなってしまいます。


一方、寝冷えを防ぐべく「エアコンをタイマー」に切り替えた場合、明け方にかけて室内の湿度や温度が上昇してくることから「熟睡」することができにくくなり、睡眠不足のまま仕事に行かれる可能性が出てきます。

寝冷えや睡眠不足のままでは、仕事の生産性にも影響が出てくるので、エアコン設定温度を何度にすればいいのか、わかりにくくなってしまいます。



実は、漆喰部屋で暮らすことによって、快適な睡眠をとることができます。


先程ご紹介させていただきましたが、漆喰には「調湿効果」があるので、室内の余分な湿気を吸湿することができることから、エアコン設定温度を低くする必要は一切ありません。


また、エアコンの風が苦手な方は、扇風機やサーキュレーターのみでの就寝も可能。漆喰が施工されていることによって「蒸し暑さ」は感じられないので、少し熱いなというぐらいの程度となることから、エアコンの風が苦手な方にとっては、逆にエアコンを使用しないことによって、夏場の電気代を簡単に抑えることが可能となります。




いかがでしたか?

おしゃれな漆喰壁が施工されている、グレイスロイヤルのリノベーション部屋は、漆喰を施工してあることによって、室内の機能性を高めてくれることから、快適な生活ができるのはもちろん、光熱費削減にも貢献してくれることから、家計を預かる奥様にとっては、魅力的な部屋といえそうですね。



お部屋探しの際、参考にして頂ければ幸いです。


#漆喰

#調湿効果

#リノベーション

#山梨おしゃれ賃貸

0回の閲覧0件のコメント