おしゃれな賃貸に住みたい。山梨でおしゃれな賃貸物件グレイスロイヤルのお部屋とは?


こんにちは。


山梨県は、全国一の空き室率が多い県ということもあり、最近では管理会社が空き室を、おしゃれ部屋にリノベーションを行う所が非常に増えてきました。

リノベーション物件は、主に築年数が20年を超えた物件に行われているのが多く、築年数が経過した物件と聞くと、古くて使いにくいというイメージが先行してきますが、ただそれは何も対応をしていない物件だけ。内装や設備類をしっかりと交換したリノベーション物件は、場合によっては新築物件よりも住みやすいといったことは多く、またデザイン性の部分においても、新築よりおしゃれな部屋になっている場合が多いので、若い世代の方にも受け入れやすい部屋となっています。



山梨県甲府市にあるグレイスロイヤルにおいても、近年では室内を丸ごとリノベーションを行うことが多くなってきましたが、当物件が手掛けるリノベーションは、他社が展開しているリノベーションとは全く異なる部屋となっています。



●どんなお部屋なのか?

現在お部屋を募集しているのは、2階(最上階)角部屋のS205号室。


2LDk・58.76㎡の大きさで、甲府市の2LDKの中では比較的大きい部屋の部類に入ります。

室内は、おしゃれなキッチンで大好きな料理を楽しんでいただきたいと思い、グレイスロイヤルリノベーションの代名詞ともいうべき、ナチュラルキッチンを標準装備。

ご入居者様から大好評を頂いている「調理台が付いた可動式のキッチンカウンター」も標準装備になっています。


賃貸のキッチンは、新築物件も含みますが、まな板などを置く調理スペースと、調理器具などを置く収納スペースが狭い場合が多く、賃貸に入居されている方の多くはキッチンの使いにくさに悪戦苦闘されています。


そこで、当物件ではリノベーションを機に、キッチンの使いにくさを解消しようと、調理台を付けた可動式のキッチンカウンターを3年前に開発・試験的に導入した所、大ヒットとなり、それ以降リノベーション・リフォームをした部屋には標準装備となっています。



また、LKD・和室・洋室の全ての壁には、自然素材の漆喰を施工。

築年数が経過した物件は、新築物件や築年数が経過した物件と比べると、機能性の部分(断熱性など)が劣っている場合が多く、快適な生活を送りにくいと言われています。


そこで、今回S205号室の部屋には、自然素材の漆喰を施工しましたが、漆喰を施工することにより、室内の調湿性の向上・消臭性の向上・抗菌/抗ウイルス対策・空気中の二酸化炭素吸収/ホルムアルデヒドの吸着、再放出させないなどといった、生活をする上で必ずと言ってもいいほど悩む問題を、漆喰が全て解決してくれますので、入室した瞬間から「ほかの部屋とは全く違う」といった意識が無意識の内に実感されるはず。


漆喰を使用することにより、冷暖房の設定温度を気にしなくても快適に住めるといったご意見があったので、通常の部屋と比べると、冷暖房費は節約することができることから、家計にとってはとても助かるお部屋になっています。



●S205号室のこだわりポイント

・おしゃれなカフェ風キッチン+おしゃれなキッチンカウンター付き

・カフェの定番!おしゃれなペンダントライトが設置しています。

・生活音対策のため、床には吸音効果が期待できるクッションフロアを施工

・玄関周辺の生活臭対策のため、エントランス一部にも漆喰を施工。

・LDK/和室/洋室の全ての壁に、おしゃれな漆喰を導入。

・和室にはおしゃれでモダンな琉球畳を敷いています。

・浴室も完全リノベーション済み。まるで高級ホテルの浴室と見違えるぐらい。






●他社物件に負けてないといえることとは?


1)デザイン性に優れた部屋

リノベーション賃貸物件は、他社管理会社においても近年では積極的に行われているケースが多く、室内をおしゃれな空間に見せようと、特にアクセントクロスと呼ばれている壁紙を導入している物件が非常に多いです。


ただ、アクセントクロスは基本的に「管理会社」が選んでいるケースが多く、管理会社の担当者が想像する「おしゃれな部屋」と、お部屋を探しているお客様が想像する「おしゃれな部屋」の認識は、全てイコールになるとは限りませんよね。


賃貸物件の主人公は、あくまでもお客様。

お客様全員が「おしゃれな部屋」と思えるような部屋にしなければならないことは、つまり最初からアクセントクロスを使用したお部屋を作るのではなく、ご入居後お客様ご自身がおしゃれな部屋を作ればいいのではという考えが、当物件にはあるので、それならばベースの部分をしっかりとした素材にしておいて、それ以降はお客様にバトンタッチできるような部屋にしようと、S205号室も含め当物件のリノベーションは、ナチュラルテイストに特化した部屋作りをしています。


2)初期費用の安さ

賃貸物件に入居する際、仲介会社に初期費用と呼ばれる契約金を支払わないといけませんよね。

初期費用の支払いに関しては、お客様もご納得して頂けていると思われますが、ただ初期費用の総額に関しては、築年数が経過した物件であっても、意外に初期費用が高めになっていることがあります。


初期費用が高めになっている理由の一つに、家賃保証会社に保証料を支払わないといけないことが挙げられます。


近年では、ライフスタイルの変化などにより「連帯保証人」をつけることが難しい方が多くなってきましたので、それに代わるものとして家賃保証会社に保証料を支払うことにより、家賃保証会社が連帯保証人の役割を担ってくれるので、最近では連帯保証人がいないくてもお部屋を借りることが可能となっています。


ただし、問題なのは契約時に支払う「初回保証料」

管理会社によって初回保証料の金額は異なっていて、多くの管理会社では最低でも家賃50%、高い所では家賃100%=1か月分となっていますが、当物件においては、公式サイトよりお申込みをされた方限定で、特別割引(初回保証料家賃30%)とさせて頂きますので、初期費用の節約にもつながります。



また、当物件は公式サイトよりお申込みされた方限定で、

敷金・礼金・仲介手数料が無料

となりますので、さらに初期費用を節約することができ、月末にご契約して頂けると初期費用がさらにさらに安くなりますので、家計にとっても優しい物件といえそうですね。



お部屋探しの際、参考にして頂ければ幸いです。


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#おしゃれ賃貸 #リノベーション #初期費用