おしゃれな賃貸生活を楽しみたいなら、グレイスロイヤル。


賃貸物件でこれから新生活を始める方にとっては、おしゃれな生活をすることに憧れを持っているはず。


ただ賃貸物件では、原状回復が求められているので、おしゃれな部屋にしたいと思っても、なかなか思うような部屋作りができないと、悩んでいる方は多いはず。


しかし、甲府市大里町にあるグレイスロイヤルならば、ナチュラルテイストに特化した部屋となっているので、誰でも簡単に「おしゃれな部屋」を作ることができるので、ご入居者様からも、高い評価を頂いております。


今回のブログは、グレイスロイヤルのナチュラルテイスト賃貸について、お伝えしてきたいと思います。


 

目 次

1.室内空間が統一されている

2.賃貸では珍しいペンダントライト

3.和モダン空間が魅力的な和室部屋

4.おしゃれすぎる洗面台は、世界にひとつしかありません

5.まとめ

 

1.室内空間が統一されている


賃貸物件は、一部の物件を除き「壁紙」や「設備」は固定されているので、室内をおしゃれにしたいのであれば、室内空間を全ての基準にしなければなりません。


特に一番困るのが、アクセントクロスが貼られている部屋。


アクセントクロスが貼られてあることによって、室内空間が引き締まる効果がある一方、アクセントクロスの色が奇抜=派手過ぎてしまうと、家具との相性が悪くなってしまい、アクセントクロスのために、新たな家具を新調しなければならなくなる可能性も…。


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルでは、ナチュラルテイストに特化したリノベーションを行っています。

当物件のリノベーションの特徴としては、可能な限り「自然素材の材料」を使用することと、室内空間に用いる色を「限定」しているところです。


①自然素材を使用するメリットとは?

当物件の上級グレードの部屋においては、自然素材の無垢材や漆喰を可能な限り、室内に使用しています。


当物件のリノベーション部屋のキッチンは、ナチュラルキッチンにリメイクしていますが、扉にはホンモノの無垢材を使用しています。無垢材を使用することによって、キッチン全体から「温かみ」や「温もり」が感じられ、また無垢材は時間の経過と共に「色が変色」していくので、経年変化も楽しむことができます。


またLDK・和室・洋室の壁には「漆喰を採用」していますが、漆喰を用いることによって、室内の調湿性や消臭性、また現在では「新型コロナウイルス」が蔓延していますが、漆喰は、壁に付着したウイルスや細菌の増殖を抑制する効果が期待でき、室内空気も清浄することができることから、おうち時間が長くなった今の時代、最適な室内環境になったと言えますよね。


②室内に用いる色を限定しているとは?

賃貸でこれから生活される方に共通していることは「室内をおしゃれにしたい」ことですよね!

ただ、おしゃれな部屋にしたいと思っていても、室内に用いられている色が「複数」あると、現在自分達が持っている家具との相性が「悪くなって」しまう可能性が出てきます。


そこで当物件のリノベーション部屋においては、室内に使用する色を「限定」することによって、誰も出簡単におしゃれな部屋を作ることができます。

向かって左側は、リノベーション完成後で、右側はリノベーション部屋にご入居されたお客様がレイアウトした部屋となります。


当物件のリノベーションの特徴しては、白を基調とした部屋作りをしているので、白は基本的に「どの色とも相性が良い」ことから、誰でも簡単におしゃれな部屋を作ることが可能となります。


因みに、右側のお部屋の場合、使用している家具やカーペットは「以前使用していたものをそのまま置いている」とのこと。家具の色とフローリングの色が合うことによって、室内空間に統一感が生まれ、誰でも簡単におしゃれな生活を送ることが可能となってきます。



2.賃貸では珍しいペンダントライト

当物件のリノベーションは、ナチュラルテイストに特化した部屋となっていることから、室内のアクセントとして、観葉植物やおしゃれな雑貨を置く事で、室内空間がさらに魅力的になります。


また照明器具に関しても、賃貸では「シーリングライト」頼みになってしまい、生活感が丸出しになってしまいますが、アクセントとしてペンダントライトがあると、より室内がおしゃれになります。


当物件の上級グレードの部屋においては、おしゃれなペンダントライトが標準装備になっています。(ダウンライト4基も標準となっています)


ライティングレールに「専用フック」を用意して頂くと、観葉植物やおしゃれな雑貨などを「吊るす」ことができるので、まるでおしゃれなカフェのお店に暮らしているかのような、居心地がいい空間となり、お友達にこちらの部屋を見せれば、100%の確率で「羨ましい」と言ってくれるはずです。



3.和モダン空間が魅力的な和室部屋

賃貸で和室部屋があると、時代遅れの象徴みたいな雰囲気になってしまいますが、当物件の和室部屋は、その逆。


畳は、表替えが原則不要の「琉球畳」を採用していますが、通常の縁が入っている畳とは違い、デザイン性がとても優れていて、縁を使用していない分「室内空間が広く」感じられますので、賃貸にはもってこいの畳。


さらに、琉球畳は「畳の置き方を変える」ことによって「市松模様」を楽しむことができます。写真にある琉球畳に使用している色は「2色」ではなく、実は1色。目の錯覚から2色の畳を使用しているかのように感じてしまいますが、市松模様になっている琉球畳は、ご入居されたお客様からも、高い評価を頂いており、通常の畳と比べると「ダニの発生」を抑制することができる点も、しっかりと説明することによって「敬遠される」お客様は、現在では誰一人いません。



4.おしゃれすぎる洗面台は、世界にひとつしかありません

おしゃれすぎる洗面台は、世界にひとつしかありません

世界にひとつだけの「洗面台」があるとしたら、誰もがうれしくなってしまいますよね!


当物件の上級グレードの部屋においては、一部の部屋を除き「世界にひとつだけの洗面台」が設置されています。


この洗面台は、家具屋さんにお願いして特別に製作してもらったもので、当然市販化されてはいません。キッチン扉同様、無垢材をベースに作られた洗面台は、使えば使うほど「味が出てくる」ので、朝の身支度の時間が「一つの楽しみ」になることは間違いありません。


また通常の洗面台にはない「大き目の鏡」「大き目の洗面ボウル」を採用していることから、使い勝手の部分も格段によくなっています。



5.まとめ



賃貸でおしゃれな部屋にしたいと思っても、多くの賃貸物件は、既製品を導入していることもあるので、画一的な空間となってしまい、また一見するとおしゃれな部屋に思えても、時間が経てば、だんだん慣れてくることもあるので、あまりにも室内空間が派手過ぎてしまうと、落ち着くどころかストレスが溜まってしまいます。


当物件のリノベーション部屋は、使用している色も限定的(おおむね2~3色)となっているので、誰でも簡単におしゃれな部屋を作ることができ、現在持っている家具との相性も良くなるので、気分に応じて室内レイアウトを変えることも可能となってきます。

閲覧数:1回0件のコメント