お金じゃ買えない和モダン的空間が魅力の和室。


こんにちは!

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣 です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


さて、近年の新築物件をはじめ築古物件においても、和室部屋そのものがすっかり姿を消してしまいました。



日本人の心のふるさと…和室。

グレイスロイヤルは1993年に建てられたアパートですが、その当時は和室部屋そのものは普通に存在し、他物件でも同様にありました。しかし、ライフスタイルの変化や退去時に必然的に畳の表替え代と襖代が発生することから、近年では、和室があるお部屋には住みたくないというお客様が多くなってきました。




しかし、和室のことについて調べてみると、日本人にとって和室で生活することがものすごくメリットがあることがわかりました。



①子育てをする際、和室部屋を活用すると事故を防げる。


お子さんが成長すると、お部屋の中には様々なリスクがあります。

お子様がよちよち歩きができるようになると、つい心配なのが「転んでしまう」こと。固いフローリングでは転んでしまうと、けがをしてしまう恐れがありますが、畳はクッション性がありますので、とても安心です。



②和室の驚くべき効果

和室はお昼寝するにも最高の環境です。

お子様に限らず、大人の方でも…、皆さんがお昼寝をするとき、どこでしますか?


実は、和室でお昼寝をすることは理にかなっているんです!それは、畳は素材に空気を含んでいるので、断熱性・保温性に優れ、夏は涼しく、冬は暖かく、室内温度を維持する効果があるからです。 さらに畳には調湿性があります。湿度の高い時期は水分を吸収し、逆に乾燥した時期は水分を放出します。季節を問わず、自然と室内を快適にしてくれるが畳なのです。                        (参考:TATE-MEGA HPより)



③収納スペースが断然多い(押し入れ)


クローゼットでは収納できない荷物でもたくさん収納できます。

某賃貸物件検索サイトの入居者アンケートでも、「入居後のここが不満」の堂々の第1位に選ばれたのが「収納スペースが少ない」でした。最近の物件ではクローゼットが一般化していますが、季節物の洋服やお子さんのおもちゃなどといったかさばるものを収納するには、断然「押し入れ」タイプの収納が一番ですよね~。よく使うものは一番中断か下段において、殆ど使わないものは一番上に置けば、押し入れもすっきりしますよね~



いかがでしたか?和室(畳)部屋には、驚くような仕掛けみたいに沢山のメリットがあります。グレイスロイヤルでは、和室部屋の魅力をお伝えするために、和室部屋はいまだにあります(一部のお部屋はありませんが…)



賃貸物件における和室部屋のデメリット

ここまでは、和室部屋の魅力についてお伝えしましたが、一方でデメリットがあります。それは賃貸物件にある和室(畳・襖)はどんなに綺麗に使っていたとしても、御退去時に畳の表替えと襖交換代が発生することです。賃貸物件の和室離れが進んだのはライフスタイルの変化もそうですが、退去時に費用発生するからという一面もあります。




ご安心ください!


2017年夏以降にリフォームしたお部屋の畳には


2017年以降の和室部屋。

琉球畳を導入しています。琉球畳は、通常の畳と比べて「日焼けがしにくい」のが特徴ですので基本表替えの必要性はありません。ですので、退去時に表替えをする必要はないので費用は一切かかりません。また襖も合板仕様の扉に変更しますので、こちらも費用は一切かかりません。



琉球畳は、畳の置き方を交互に変えるだけで、まるで2色の畳を置いてあるような感じに見えますが、もともとは1色の畳です。和モダン的な部屋になり、フローリングとはまた違った味のあるお部屋になります。


いかがでしたか?グレイスロイヤルがおススメする和室部屋。

お子様の子育てのお部屋に…。お友達やご両親が停まりに来た際の客間に…。使い方は無限大にあると思いますし、なにより2017年夏以降から順次琉球畳に変更しているのですが、御入居者様がお部屋を決める際の決め手の一つに「琉球畳」をあげているほど、クオリティーが高いと考えています。



2019年1月末に2部屋を募集をしますが、当然琉球畳のある和室部屋も標準装備となっていますので、ぜひ和室で癒しタイムを満喫してみませんか?


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#山梨 #甲府 #大里町 #グレイスロイヤル #賃貸 #アパート

#リノベーション #デザイナーズ #カフェ風 #インテリア

#キッチン #琉球畳 #和室 #子育て