お風呂の時間が至福の時間に。生まれ変わった山梨でおしゃれな賃貸アパート・グレイスロイヤルS205号室浴室。

最終更新: 11月13日


こんにちは。


これからの季節は、体が冷えてきますので、湯舟にしっかりと浸かって体を温め、一日の疲れを取りたいですよね。

特に女性の方にとって、お風呂の時間はとても大切になってきますので、浴室全体がおしゃれな空間になっていると、バスタイムがより楽しめますよね。

ただ、賃貸の浴室は正直言って味気ないものばかり。


賃貸に備えづけられている浴室は、正直築年数が経過すればするほど、古さが一番目立つ設備と言っても過言ではなく、バスタイムを楽しみたい方にとっては、築年数が経過した物件の何も対応していない浴室は、壁や床などを原状回復可能な「浴室専用」の剥がせるシートを貼らなければ、入浴したくはないと思うはず。


その位、築年数が経過した物件の浴室は、古さが先行していますが・・・




甲府市大里町にあるグレイスロイヤルで、現在募集しているS205号室は、フル・リノベーションを施してあり、浴室に関してもしっかりとリノベーションをしていますので、古さを感じることなく、逆におしゃれな空間となっていますので、バスタイムが楽しめそうです。


リノベーション前の浴室(他室転用)

リノベーション後のS205号室浴室。

リノベーション前の浴室は、建てた当時から一切いじっていなかったので、見た目的には古さはあまり感じられませんが、水栓を見てみると「時代」を感じさせますので、やはり古さが目立ってしまいます。



一方、リノベーション後の浴室は、壁・床・天井を、強度が強い業務用のシールを貼り付け、室内空間がとても明るくなり、アクセントとなる茶色の壁が、高級感を醸し出しています。




またリノベーションを機に、水栓や鏡を一新していますので、見た目では新築物件の浴室みたいにおしゃれな空間となっています。




賃貸の浴室の壁をリメイクする時、剥がせられるシートを使うと、どうしても粘着力が弱くなってしまうことがありますが、当物件で使用しているシートは業務用のもので、約10年ぐらいは持つとのことですので、入居期間中にはがれてきて困るといった心配はないので、安心ですね!



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#リノベーション #浴室



1回の閲覧