これから賃貸で子育てを考えている方にこそ、考えてほしい和室部屋がある賃貸物件。


こんにちは!

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


ファミリー向け賃貸物件(1LDK以上)にご入居されるお客様の多くは、ご結婚をされるまたは既にご結婚されているご夫婦が、ご入居される場合が多いと思います。



ご夫婦の間に、お子さんが生まれた後でも「賃貸物件」に引き続きご入居されるケースは多いと思いますが、お子さんが大きくなるとどうしても問題になるのが生活をする上で発生してしまう「生活音」が、クレームに発展してしまうこと。



小さなお子さんにじっとしていなさいと言っても無理があります。

特に2階以上にお住まいの方は、特に生活音に関しては、できるだけ音を出さないように配慮をしていると思いますが、ただたとえ防音効果が高いと言われている「鉄筋コンクリート」物件であったとしても、上階の方が注意をしなければ、階下のお部屋まで生活音が響いてしまいますので、注意をしないといけません。


小さなお子様がご家庭にいる場合、どうしてもお子様はお部屋を走り回ってしまう傾向が強くなり、たとえ注意をしたとしても、なかなか守ってもらえないケースがあるので、賃貸物件で上階にご入居されているご夫婦にとって、いつ階下の方からクレームが来るのだろうか?と不安を覚えながら生活をされている方も多いと思います。



そこで、グレイスロイヤルからのご提案とは、和室部屋をお子さんの遊び場にしていただきたいことです。


グレイスロイヤルの和室部屋(写真はS202号室)

ライフスタイルの変化などにより、賃貸物件も洋式化が進んでいるので、近年施工された物件には和室部屋は存在しません。


グレイスロイヤルは1993年に施工された賃貸物件で、施工当時から和室部屋がありますが、実は上階にご入居されている方にとって、和室部屋があるだけでも「騒音トラブル」を引き起こす可能性を低くしてくれる救世主的な存在であることを、あまりご存じでない方が多いのが実情です。


畳には、音を吸収してくれる「吸音効果」があり、フローリングと比べると畳の上を歩いた方が階下に伝わる音を吸収してくれるので、防音対策としても有効的です。


ただ、畳と聞くと「ダニが発生しやすいのでは?」と心配される方も多いと思いますが、ご安心ください。


通常の縁がある畳と比べて、グレイスロイヤルが採用している「琉球畳」の方が、ダニの発生を抑えてくれますので、普段のお掃除をしていただくだけで、安心してご利用いただけます。


2018年より、空き部屋をリノベーションをしていて、フローリング部分に関しては、床材をフロアタイルと呼ばれる床材をフローリングの上に貼ってありますので、通常のフローリングのみのお部屋と比べると、生活音をある程度抑えることはできますが、それでも完全に音を吸収することはできません。


生活音トラブルを防ぐためには、やはりお互い「モラル」をしっかり守ることが必要であると、個人的には思います。


お部屋探しの際、参考にしていただければ、幸いです。


今日も最後までブログを読んでいただいまして、ありがとうございます。



#山梨 #甲府 #大里町 #賃貸 #アパート #グレイスロイヤル

#デザイナーズ #インテリア #リノベーション #和室 #琉球畳

#おしゃれ賃貸 #カフェ風 #キッチン #ナチュラルテイスト #漆喰

#仲介手数料無料