どうしても住みたい賃貸が満室。どうしたらいいの?


賃貸物件を探される時、大手賃貸サイトなどのポータルサイトを活用されると思いますが、サイト内において「おしゃれな部屋だったから、絶対に住みたい!」と思って、仲介会社に連絡したところ「現在満室中の為、入居することができない」と回答された時、ショックが大きくなってしまいますよね?


もしお部屋探しに「あまり時間がない」場合においては、他のお部屋を探すしか方法はありませんが、ただ「どうしても住みたい」という願望が強い場合、どのように対応したらいいかわかりませんよね?


そこで今日のブログは、「どうしても住みたい部屋が満室」の場合、どのような対処方法があるのか、お伝えさせてもらいます。


 

目 次

1.繁忙期の場合、2月末~3月中旬まで待つ

2.繁忙期以外の場合は、仲介会社にお願いして連絡してもらう

3.新築物件に入居する場合

4.まとめ

 

1.繁忙期の場合、2月末~3月中旬まで待つ

繁忙期の場合、2月末~3月中旬まで待つ

不動産賃貸業界の繁忙期は、1月~3月。

どうしてこの時期が一番忙しいのかというと、新年度に向けて賃貸物件を借りられる方が多いので、多くの方がお部屋探しをされますが、それと同時に「転勤や就職」などによって「退去」される方もいます。


もし現在お部屋探しをされている方において、入居時期を4月上旬に合わせられる方は、繁忙期をうまくねらって、事前に仲介会社に連絡して、退去連絡が入った場合「すぐに連絡」してもらうようにお願いしてみてはいかがですか?


賃貸物件の退去連絡は、契約内容によって差異はあるものの、一般的な賃貸借契約では、退去連絡は「退去日から1か月前」までに行うことになっています。つまり2月末~3月中旬ごろまでに「退去連絡」が入れば、その物件に入居することができる可能性が出てきます。



ただし、もし本当に今すぐにでも入居したいのであれば、事実上の仮押さえができ、キャンセル対応が可能な「先行申込」を事前に済ませた方がオトク。先行申込とは、見学する前に先に「入居申込」を行う方法で、入居申込を行うと「賃貸サイトに掲載された物件情報は一時的に停止」されるので、他の方に取られる可能性が低くなります。



2.繁忙期以外の場合は、仲介会社にお願いして連絡して

  もらう

繁忙期以外の場合は、仲介会社にお願いして連絡してもらう

一方、繁忙期を過ぎてしまうと「お部屋探し」をされる方が少なくなるので、賃貸物件を退去される方は「減少傾向」となることから、いつ退去が発生するかについては「予想すること自体」ができません。


もし入居時期はいつでもいいから、その物件に入居したいのであれば、物件を取り扱っている管理会社や仲介会社に連絡して、退去連絡が入った時には、連絡してほしいとお願いしてもらうことは可能です。



3.新築物件に入居する場合

新築物件に入居する場合

「新生活は新築物件」と考えている方も多いと思います。

確かに、新築物件は「最新設備が充実している」ことはもちろんのこと、入居履歴が一切ないので、一生の思い出に残る部屋と言っても過言ではありません。


ただ、新築物件に入居したいと考えている方は「結構多く」いるので、一般的なお部屋探しをしていると「場合によっては、入居することができない」可能性が出てきてしまいます。


新築物件に入居したいと考えている方は、初期費用や家賃が「高額」であっても、それは一切気にしていない方々なので、建物が完成する前に「契約」してしまい、他の方に取られないように対応している方が殆どです。


もし、新築物件に入居したいと考えている方は、先に契約を済ませる「先行契約」をされることをおススメします。ただし、先行契約をした場合「一切のキャンセルができなくなってしまう」ので、その点は十分注意が必要です。



4.まとめ

1月~3月までの繁忙期は、多くの方がお部屋探しをされるので、人気エリアにある物件や築浅物件などでは、タッチの差で入居申込が入ってしまう可能性が、非常に高いです。


もしどうしても入居したい物件が、満室の場合で、入居時期が4月に確定されている方は、2月末~3月中旬まで待ってみて、この期間中に退去連絡が入れば「入居できるチャンスが生まれる」ので、事前に仲介会社に連絡しておいて、退去連絡が届き次第、すぐに連絡してもらえるようにお願いし、先に先行申込/状況に応じては先行契約を済ませれば、まず入居する事が可能となります。




{{count, number}}回の閲覧{{count, number}}件のコメント