なぜ、グレイスロイヤルは家賃値引きをしないのか?


こんにちは!

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



賃貸物件を決める際の最終的な決め手は、やはり家賃面??

賃貸物件を探されている方にとって、毎月必ず支払わないといけない「家賃」が少しでも安くなればいいのに~と、思われている方も多いと思いますが…


グレイスロイヤルにおいて、現在募集しているお部屋の家賃に関して「お値引き」は一切行ってはいません。


リノベーションしたお部屋に見学に来たお客様の多くは「お部屋自体は気に入った」とおっしゃっていただいていますが、その反面、予算(家賃)において、グレイスロイヤルの家賃は少々高いのでは?とのご意見を頂戴する時もあります。


グレイスロイヤルがどうしてお家賃の値引きをしていないのかについて、あまり説明をしていなかったので、今回この場を借りて説明をさせていただきたいと思います。



現在募集しているS202号室のリビング

グレイスロイヤルで現在募集を行っているS202号室を例に出してみると…

結論から申し上げますと、S202号室のお部屋に関しては「フル・リノベーション」をしましたので、一室リノベーションをするだけで約300万円ぐらいの費用が発生しています。


近年、築年数が経過した物件の価格競争(家賃値下げ)はものすごく激化していて、ある程度空室が発生している物件は、軒並み値下げをして募集をしていますので、それにつられて近隣にある物件も同じぐらいに値下げをしてきます。


家賃が下落するということは、オーナーや管理会社に入る収入が減ることになり、収入が減少した場合、今まで行ってきたサービスを一時中止せざるを得なくなります。


サービスを停止することになれば、お客様に対して不快な思いをさせる結果となり、アパートに対して不信感しか残りません。最終的にはそれがきっかけにより退去するケースもあり得ますので、ますます家賃を値下げしないといけなくなります。



グレイスロイヤルは築年数こそ経過していますが、経過している物件であったとしても、築年数が浅い物件並みの居住性にすることができると判断をしていますので、結果的にリノベーションに使用する部材も良いものを使用せざるを得なくなりますので、高くなった費用分に関しては、お家賃に反映をさせていただいています。



ただ、フル・リノベーションを施したお部屋に関しては、新築物件や築年数が浅い物件と比べて、多くのメリットを受けることができます。


その一例として…

①漆喰壁を塗ったお部屋の光熱費が約10%抑えられます。(保温効果によるもの)

②漆喰が湿度を吸収・放出してくれるので、今の時期はインフルエンザ対策(お部屋の乾燥を防ぐ)をしてくれます。結果医療費の削減にも貢献できます。

③漆喰がカビやダニを予防してくれるので、健康的な暮らしを手に入れることができます。


これらは、新築物件や築年数が浅い物件に入居したところで、経験をすることはできません。グレイスロイヤルのフル・リノベーションをしたお部屋に住むことにより、体験をすることができます。



山梨県内で、2LDKタイプのお部屋を探されている方の多くは、上限で家賃6万円位のお部屋を希望されています。


一方、フル・リノベーションをしたお部屋の家賃の総額(管理などの諸経費も含む)は約7万円位になってしまいますので、乖離が発生してしまいます。


ただ、家賃6万円のお部屋と、家賃7万円のお部屋の家賃を「日割り」で計算すると、その差はわずか数百円程度。数百円を募金をする感覚で考えれば、家賃7万円位のお部屋は決して生活を苦にするようなお部屋ではないと思いますし、家賃が安い所は一見すると「得をした」気分になりますが、お部屋に使用している設備などに関しては、古いものを使用しているケースが圧倒的なので、結果ランニングコストが多く発生し、トータル的には月々の支出額は家賃が高いお部屋と同じぐらいかかってしまいます。



1日たったペットボトルジュース2本分の金額で、健康的な暮らしができるお部屋に住めることが分かれば、家賃7万円位でしたら、決して高いお部屋ではないはず!



お部屋探しの際、参考にしていただければ、幸いです。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#山梨 #甲府 #大里町 #賃貸 #アパート #グレイスロイヤル

#デザイナーズ #インテリア #リノベーション #和室 #琉球畳

#おしゃれ賃貸 #カフェ風 #キッチン #ナチュラルテイスト #漆喰

#仲介手数料無料