まるでおしゃれなカフェのお店みたい!リノベーションで生まれ変わったナチュラルテイスト賃貸、グレイスロイヤル。


ファミリー向け賃貸物件を探される方にとって、一番重要視する部分と言えば、家賃&室内空間がおしゃれな部屋になっているかどうかですよね?


一般的に「賃貸でおしゃれな部屋」というと、築年数が浅い物件。

まるでおしゃれなカフェのお店みたい!リノベーションで生まれ変わったナチュラルテイスト賃貸、グレイスロイヤル

築年数が浅い物件は、最新設備が充実しているので、真新しい設備を使える部分においては、メリット大であることは、誰もが承知するところですが、その一方で「家賃・初期費用が割高傾向」となっていることから、予算的に厳しい方にとっては「入居する事」は難しくなってしまいます。



しかし、賃貸でおしゃれな部屋=築年数が浅い物件ばかりではなく、近年では、古くなった賃貸物件を「リノベーション」する所が多くなってきました。リノベーションのメリットは、古い物件にある設備な内装、間取りなど変更することによって、新築並みの部屋に蘇るばかりではなく、家賃の部分においても「リーズナブル」になっているので、予算を抑えたいけれど、おしゃれな部屋に住みたいと考えている方にとっては、魅力的な部屋であることには間違いありません。



甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、1993年築の2LDK~3LDK賃貸アパート。


築年数が経過していることあり、2018年以降からは「空き室を順次リノベーション」を展開していますが、全国的にも珍しい「ナチュラルテイスト」に特化した部屋となっています。


自然素材の漆喰や無垢材などを、室内に導入していることから、生活感は全く感じられず、さらに上級グレードの部屋には、おしゃれなカフェのお店を連想させるような、ペンダントライトとダウンライトがLDKに設置されているので、わざわざカフェのお店に行かなくても、おうちでいつでもカフェ気分を楽しむことができます。


 

目 次

1.キッチンリメイクすることで、カフェ気分を味わうことができます

2.漆喰を塗ることで、おしゃれなカフェのお店を再現?

3.入居されたお客様の感想は?

4.まとめ

 
1.キッチンリメイクすることで、カフェ気分を味わうことができます
おしゃれなナチュラルキッチン
世界にひとつしかないおしゃれなキッチン

賃貸物件は、基本的に「万人に受け入れてもらう」ように、シンプルなデザインとなっていますので、おしゃれな部屋に住みたいと思っている方にとっては、入居後にご自身で「おしゃれなインテリア」等を準備しなければなりません。


特に賃貸のキッチンは、メーカーのものを導入しているので、生活感が丸出しになってしまいます。そこで、当物件では、リノベーションを機に「キッチン交換」ではなく「キッチンリメイク」を行おうと思いました。


基本的に賃貸業界でリノベーションをする際には、コスト削減するために「既製品を導入」するのが一般的ですが、ただそれを行ってしまうと「他社リノベーション物件と同じような部屋」になってしまうので、それならば「他社が真似することができないリノベーション部屋」を作ったほうがインパクトがあると考え、キッチンリメイクをしようと思いました。



キッチン本体(骨組み)はそのままにして、それ以外の「キッチン扉」「キッチンパネル」は新しいものに交換し、換気扇フードは再塗装をした上で再利用していることから、意外と環境に配慮したリノベーションとなっています(笑)



また、築年数が経過している物件のキッチンは、調理スペースが「激狭」であるので、使い勝手がとても悪いことから、こちらに関しては、リノベーションを機に「調理台を付けた可動式のキッチンカウンター」を新設しています。完全鉄づくりの無垢材カウンターは、キャスターがついているので、移動することが可能となっていることから、使い勝手がとてもよくなり、ご入居者様からもお褒めの言葉を頂いております。



2.漆喰を塗ることで、おしゃれなカフェのお店を再現?

賃貸物件は、コストをあまりかけない部屋作りをしているので、基本的にリフォーム済み賃貸物件(これはある意味新築物件も)に施工されている壁紙は、「量産型」と言われている「安価な壁紙」を採用しています。


量産型壁紙のメリットは、廃盤になる確率が少ないため、退去後のリフォームにおいて、型番にあった壁紙をすぐに張替えができることから、工期や費用を抑えることが可能となる点です。


ただ、量産型の壁紙の一部は、壁紙自体が「暗め」になっているので、壁紙交換をしたとしても、室内空間が明るくなるようなことは、正直少ないのが現状です。



当物件のリノベーションにおいて、上級グレードのお部屋には、自然素材の漆喰をLDK・和室・洋室の壁に施工しています。


上の写真は、漆喰を施工する前と施工後の「壁」を比較したものですが、明るさが2倍以上違っていることが、よくわかりますよね?


漆喰には、明光性があり「自然光を室内に取り入れる効果」がありますので、通常の壁紙と比べると、室内空間がとても明るくなるので、気分的にも明るくなりますよね?


また漆喰は「職人さん」たちによる「手塗り」であるので、壁全体が「温かみや温もり」を感じられるので、まるでおしゃれなカフェのお店に来ているかのような、居心地を与えてくれる空間となっています。


さらに漆喰を室内に導入することによって「調湿性」「消臭性」「防カビ性」「抗菌、抗ウイルス対策」「ホルムアルデヒドを吸湿再放出させない」など、日常生活上において、どうしても発生してしまう「生活の悩み」に可能な限り対応してくれるので、通常のリノベーション賃貸と比べると、居住性が優れていると言っても、過言ではありません。



3.入居されたお客様の感想は?

リノベーション賃貸は、築年数は経過しているものの、設備や内装は「一新」されていて、家賃もリーズナブルになっていることから、オトク感が大きいと思わているものの、その一方で「本当に住みやすい部屋なのか」については、その部屋にご入居されている方でしか、正直わからないですよね?


当物件では、リノベーション部屋にご入居されたお客様に対して、入居後の暮らしに関するインタビュー取材を過去数回行っていますが、今回2019年にご入居されたお客様インタビューをご紹介させてもらいます。



オーナー:リノベーションの部屋についてお聞かせください。まず当物件のナチュラルキッチンについて、使い勝手などはどうでしょうか?

ご入居者様:

一目見て「こういうキッチン」は大好きだったので抵抗はありませんでした。正直に言うと、キッチンカウンターがない状態では(キッチンの)作業スペースが狭いので、料理がしにくいと思ったのですが、調理台が付いた可動式のキッチンカウンターがついていたので、料理がとてもしやすく、また収納スペースもたくさん確保してあるので、乾燥タイプの食品などはキッチンカウンターの上部引き出しに、下部収納には、調理器具などを置いていますが、余裕をもって収納できる点がメリットです。


もし欲を言えばこちらのキッチンは、キッチンをリメイクしたとのことですが、身長が大きめの男性の場合、このキッチンの高さでは少し料理がしにくいのかな?と思いましたが、それでもこのキッチンは、友達などが遊びに来た時「何このキッチン!」「このキッチン可愛い」と褒めてくれて、友達も住みたいと言っているとのことですが、ただその友達は今戸建て住宅に住むとの事なので、住めないのが残念と言っていました(笑)


また、LDKに備えづけのLEDダウンライトが思っていた以上に明るく、キッチン側にあるダウンライト2基+キッチンにあるLED蛍光灯だけで十分。ペンダントライトは友達が来るときは付けていますが、もちろん言われることは「何このキッチン‼超オシャレ」です(笑)



オーナー:当物件のリノベーション部屋の内、一部の部屋には、自然素材の漆喰を導入しています。漆喰を使用すると居住性の部分において快適になると言われていますが、実際に生活をしてみて、どのように感じましたか?


ご入居者様:

一番驚いたのは夏の時期です。

窓は閉めっぱなしの状態で出かけるので、当然ですが、普通の賃貸ならば玄関を開けた瞬間「蒸し暑さ」が襲ってきて、すぐにエアコンをつけてしまいがちになりますが、こちらの部屋の場合、蒸し暑さは正直それ程感じませんし、何より一番驚いたのは、夜寝る時にエアコンの設定温度を低くしなくても快適に寝ることができる点です。

前住んでいた賃貸物件の場合、当然ですがエアコンの設定温度を低くしなければ寝ること自体難しかったのですが、こちらの部屋の場合エアコンの設定温度を低くしなくても(大体26度に設定しているとのことです)快適に休むことができ、場合によっては26度でも寒いぐらいで、タオルケットでは少し寒くなってしまうので、一枚ものの羽毛布団をかけて寝たこともあります。

漆喰が湿気を吸収していることもあり、寝苦しさは全く感じられず、エアコンの設定温度を低くしないことから、前住んでいた賃貸物件と比べて、夏場の電気料金が2000円ぐらい安くなったのは本当にびっくりしました。


冬ですが、実は加湿器はあるのですが、去年は一度も出しませんでした。室内が乾燥しているとは全く感じることがなく、また風邪などを引いたことはなかったです。オーナーさんの説明では冬場は漆喰が湿度を放湿しているとのことですが、もしかしたらそのことがプラスに働いて加湿器を出さなかったかもしれませんね(笑)



オーナー:最後に一言お願いします。

ご入居者様:

築年数が経過している物件というだけで、入居することに抵抗を感じているのは本当にもったいないです。グレイスロイヤルは、築年数は経過していますが、室内外しっかりと管理されていて、リノベーション部屋も、よく見かけるようなリノベーション部屋とは全く別次元のもの。

女性が喜ぶような設備を導入しているので、友達を部屋に呼んだ時必ずと言っていいほどおしゃれな部屋と言ってくれるので、正直とてもうれしくなります。


これだけしっかりとリノベーションを施しているので、家賃が高いといった印象は今でも思いませんし、また初期費用が前の物件と比べると10万円ぐらい安い点も魅力的。初期費用が安ければその分室内におしゃれな雑貨や家具などを置きたいと思いますので、初期費用の安さの点においても、グレイスロイヤルは友達にもおすすめしたい物件。


そして、何よりオーナーさんの長田さんが、親身に対応してくれる点も忘れてはいけない所ですね(笑)



4.まとめ

近年、不動再賃貸業界においては、地方都市を中心に「空室率が悪化」していることから、そのあおりをダイレクトに受けてしまう「築年数が経過している物件」を中心に、リノベーションを行う動きが活発化になっています。


賃貸物件を借りられる方にとっては、物件入居の選択肢が大きくなるので、メリットがあると言えるものの、その一方でリノベーションをするとなると「コストが高くなってしまう」ことから、どのリノベーション賃貸でも「同じような部屋ばかり」になってしまい、正直リノベーション賃貸に入居するメリットが、あまり感じられなくなってしまいます。


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルのリノベーション部屋は、他社物件ではまず真似することが難しい「ナチュラルテイスト賃貸」となっていることから、お友達やご両親をお部屋に招きいれた時「驚かれる」ことは間違いなく、この様な部屋は圧倒的に少なすぎるので、ご入居者様の株が上がることは、間違いありません(笑)


#山梨賃貸おしゃれ

#リノベーション賃貸


閲覧数:8回0件のコメント