もう夏の室内蒸し暑さで悩まない。グレイスロイヤルのリノベ部屋なら悩む必要ありません。


夏の時期は、室内においても高温多湿となってしまうことから、特に帰宅時「リビング周辺が湿気がこもっているような感じ」になってしまい、すぐに窓を開けて換気をしたくなってしまいますよね。


また帰宅時まで窓が閉めっぱなしの状態でいると、生ごみなどの生活臭まで一緒に臭ってくることがあるので、帰ってきたのにテンションが下がってしまった経験は、誰にでもあるはずです。


換気がしにくい賃貸では、エアコンに頼らざるを得ません。
換気がしにくい賃貸では、エアコンに頼らざるを得ません。

特に賃貸物件においては、各部屋に窓が一つしかないため、換気がしにくいのが最大のデメリット

さらにエアコンをつけて湿度を下げようと思っても、今の時期は「除湿モード」では暑苦しさは解消することができないので、どうしても冷房に頼らざるを得ませんが、ただ、室内空間を快適にするためには「設定温度を下げる」しか方法はありあせん。



エアコンを使うとなると、電気料金が上昇してしまう部分もデメリット
エアコンを使うとなると、電気料金が上昇してしまう部分もデメリット

エアコンの設定温度を下げてしまうと、消費電力が多くなってしまうことから、エアコン電気代が高くなってしまいますよね。

ただエアコンの電気代が気になるからと言って、扇風機を利用したとしても、何も対応していない部屋においては、暑苦しさを解消させることは難しくなるばかりではなく、熱中症のリスクを高くしてしまうことから、今の時代においては、おススメできる対応とは言えません。



夏場は帰宅時~明け方まではリビングや寝室で「エアコン」を使用せざるを得なくなってしまいますが、もしエアコンを使う場合には、可能であるならば「電気料金を節約」させたいのが本音。しかし、賃貸物件などで「安い電力会社」に変えたとしても、設定温度を変えない限り、エアコン電気代はそれほど変化は出ません。




山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルのリノベ部屋ならば、エアコンを使用したとしても電気料金を節約することが可能となってきます。

ご安心ください。

山梨県甲府市で賃貸探しをされている方!

グレイスロイヤルのリノベーション部屋ならば、エアコン設定温度を低くしなくても、快適に過ごすことができることから、夏場の電気料金を節約させることが可能となってきます。



当物件のリノベーション部屋(上級グレード)においては、自然素材の漆喰をLDK・和室・洋室の全ての壁に施工しています。


夏の時期は室内の湿度が急激に上昇してしまい、蒸し暑さを感じてしまいます。ただ室内の湿度を下げることができると、その分体感温度を下げることもできますが、調湿効果が期待できる漆喰を室内に施工することによって、室内の湿度を吸湿してくれることから、エアコンを使用しなくても「蒸し暑さ」を感じにくくなります。


蒸し暑さが感じにくくなるということは、エアコンの設定温度を低くしなくても、快適に過ごすことが可能なることから、エアコン電気料金を抑えることが可能となってきます。


さらにグレイスロイヤルの建物は「南向き」にありますが、北側の部屋の窓と南側の部屋の窓(ここでは和室部屋とリビングドア&窓)を開けてて置く事によって「空気の通り道」ができます。空気の通り道ができることによって、LDK側にたまってる余分な熱や湿気を外に逃がす効果が期待できるので、比較的涼しいい朝&夕方ごろに実践して頂くと、室内が涼しくなりますので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?


夏の湿気対策というと、エアコンが一番手っ取り早くなりますが、ただ快適な温度となるためには、どうしても冷房設定温度を低くしなければなりません。当物件の漆喰を使用したリノベ部屋ならば、湿気を吸湿してくれるので体感温度を下げることができることから、エコな生活ができ、しかも室内が快適になるので、現在お部屋探しをされている方には、ぜひおすすめしたい部屋と言えそうです。


閲覧数:0回0件のコメント