top of page

もう夏の室内蒸し暑さで悩まない。グレイスロイヤルのリノベ部屋なら悩む必要ありません。


夏の時期は、室内においても高温多湿となってしまうことから、特に帰宅時「リビング周辺が湿気がこもっているような感じ」になってしまい、すぐに窓を開けて換気をしたくなってしまいますよね。


また帰宅時まで窓が閉めっぱなしの状態でいると、生ごみなどの生活臭まで一緒に臭ってくることがあるので、帰ってきたのにテンションが下がってしまった経験は、誰にでもあるはずです。


換気がしにくい賃貸では、エアコンに頼らざるを得ません。
換気がしにくい賃貸では、エアコンに頼らざるを得ません。

特に賃貸物件においては、各部屋に窓が一つしかないため、換気がしにくいのが最大のデメリット

さらにエアコンをつけて湿度を下げようと思っても、今の時期は「除湿モード」では暑苦しさは解消することができないので、どうしても冷房に頼らざるを得ませんが、ただ、室内空間を快適にするためには「設定温度を下げる」しか方法はありあせん。



エアコンを使うとなると、電気料金が上昇してしまう部分もデメリット
エアコンを使うとなると、電気料金が上昇してしまう部分もデメリット

エアコンの設定温度を下げてしまうと、消費電力が多くなってしまうことから、エアコン電気代が高くなってしまいますよね。

ただエアコンの電気代が気になるからと言って、扇風機を利用したとしても、何も対応していない部屋においては、暑苦しさを解消させることは難しくなるばかりではなく、熱中症のリスクを高くしてしまうことから、今の時代においては、おススメできる対応とは言えません。



夏場は帰宅時~明け方まではリビングや寝室で「エアコン」を使用せざるを得なくなってしまいますが、もしエアコンを使う場合には、可能であるならば「電気料金を節約」させたいのが本音。しかし、賃貸物件などで「安い電力会社」に変えたとしても、設定温度を変えない限り、エアコン電気代はそれほど変化は出ません。