アパートの夏の暑さ対策なら、漆喰を施工しているグレイスロイヤル。


これから厳しい夏の時期を迎えます。

特に内陸部にある地域においては、梅雨明け後、容赦ない暑さが続き、最高気温が35℃を超える猛暑日が続く事になるので、賃貸であっても戸建てであったとしても、暑さ対策は万全にしないといけません。


夏の暑さ対策と言っても、結局はエアコン依存になってしまいます。
夏の暑さ対策と言っても、結局はエアコン依存になってしまいます。

夏の暑さ対策と聞くと「エアコンを適度に使用する」「直射日光を避けるために、すだれなどを使用する」「北側と南側の部屋の窓を開けることによって、空気の通り道を作る」などがありますが、梅雨明け後は、正直エアコンを使用しなければ「室内がうだるような暑さ」となってしまうため、すだれなどはあまり期待ができないのが正直な所。


一番効果的なのは、エアコンということになってしまいますが、ただ通常の部屋の場合、気温と共に湿度も高い状態が続いていることから、どうしてもエアコンの設定温度を低くしなければ、室内空間が快適にはなりません。ただエアコンの設定温度を低くしてしまうと、消費電力が高くなってしまいますので、今度は月の電気料金が高くなる恐れが出てきます。


近年では、地球温暖化の影響によって、最低気温が25℃を下回らない「熱帯夜」になることも珍しくはない事から、事実上エアコンを24時間フル回転している方も多いと思います。


少しでも電気料金を節約したいと思っても、現実的にはなかなか難しいので、どうしたらいいのか、困っている方も多いのではないでしょうか?


山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルでは漆喰を用いたリノベーションをしていますが、漆喰を施工すると省エネが実現できます
現在募集しているS101号室には漆喰を施工しています。

ご安心ください。


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルで、現在募集しているS101号室においては、自然素材の漆喰をLKD・和室・洋室の全ての壁に施工していますが、実は漆喰を施工することによって、室内の湿気を吸湿してくれることから、少ない冷暖房であっても室内が効率よく涼しくなるので、電気料金の節約が可能となります。


また漆喰は「保冷保温効果」が期待でき、一種の魔法瓶のような構造となっているので、冷房温度を低くしすぎてしまうと、逆に室内が寒すぎてしまうので、設定温度は26~27度ぐらいで十分涼しくなります。



実際に当物件で、漆喰を用いたリノベーション部屋にご入居されているご入居者様に聞いてみたところ「漆喰のおかげで冷房温度を低くしなくても快適に過ごせて、電気料金が安くなった」と大変喜んでいました。


お部屋探しの際、参考になれば幸いです。


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。




閲覧数:6回0件のコメント