アパート騒音問題で困った時は?


こんにちは。


賃貸アパートはひとつの建物の中に、お部屋が複数あることから、上下階・両隣の生活音(日常生活を送る上で発生する音)が、どうしても発生してしまいます。

賃貸物件に入居する以上、ある程度は許容範囲として受け入れなければなりませんが、ただ生活音の許容範囲は、人それぞれ認識が違うことから、比較的多く発生しがちになります。


騒音問題解決に向けて一番大切なこととは…

●当事者同士では決して話し合わない。

●騒音が発生している時間帯や場所を特定する。

●時間帯によっては、許容してもらう場合もある。


騒音問題が発生すると、どうしても感情的になってしまい、騒音を出しているであろう人に直接クレームを言いたくなるのは、決してわからないわけではありませんが、ただ直接クレームを言うと、かえって両者の関係性がもっと悪くなる一方になりますので、もし、騒音問題で悩んでいる方がいましたら、必ず管理会社までご連絡をお願い致します。


管理会社に連絡する際、騒音が発生している時間帯や騒音を出しているであろう部屋番号をお伝えして頂くと、担当者も対応がしやすくなります。



ただし、深夜早朝時間帯を除いた時間帯の場合は、ある程度の生活音は許容して頂くこともあります。というのも、基本的に上階にお住まいの方は、階下の部屋にできる限り生活音を出さないよう、気を付けながら生活をされていますので、送料・深夜時間帯以外で、生活音が発生するのは、致し方がないこと。


生活音を出しているであろう方は、自分たちが生活音を強く出しているという認識はありませんので、通知文→通知文でも改善されない場合は、担当者がお客様に連絡することにより、生活音が減少される場合が多いので、もし生活音で悩んでいる場合には、管理会社の担当者まで相談して下さい。




また騒音トラブルを回避するための秘策としては、お部屋探しの際「クレーム件数」が少ない物件に入居するのも、ひとつの手であると思います。


騒音トラブルが発生しやすい原因の一つとして、入居者の質があり、入居者の質=マナーが悪い物件は、騒音トラブルの発生率も当然高くなりますので、賃貸物件用のポータルサイトの情報のみでお部屋を決めるのではなく、担当者の話を十分に聞いたうえで、お部屋を選ぶべきです。契約してしまって、あとから騒音トラブルが発生しやすい物件だと知っても、簡単に引越しすることは難しいので、注意して下さい。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#騒音トラブル #生活音