ウイルスに負けない部屋で暮らす。


こんにちは。


2020年は「新型コロナウイルス」に惑わされた年になってますよね。

現時点は、新型コロナウイルスに対応することができるワクチンがないため、人との接触をできるだけ抑えることと、手洗い・うがいをしっかり行うことが、唯一の予防策と言えますが、ただ室内においては「換気」以外では、特段対応していないのが現実。


室内の空気環境を改善するには、空気清浄機が一番適しています。

しかし、室内全ての部屋に「空気清浄機」を置くとなると、性能が高いものを置かなければ意味がないので、おそらく数十万円位の費用が発生しますし、また一部の空気清浄機はメンテナンスをしなければならないので、全ての部屋に導入することは、あまり現実的ではありません。



甲府市大里町にあるグレイスロイヤルでは、2018年より、空き部屋を順次リノベーションを行っていますが、昨年度より一部の部屋に「自然素材の漆喰」を導入しています。


漆喰は昔から使用されている建築材料であり、漆喰を導入すると様々なメリットがありますが、実は室内のウイルス対策をする時、漆喰が効果的なんです!


漆喰を壁に施工すると、壁に付着したウイルスや細菌の増殖を抑制する効果が期待できることから、エアコンを使用した際、ウイルスや細菌が室内循環することを防ぐ役割を担っています。

現時点では、漆喰が新型コロナウイルスに有効であることは、証明されてはいませんが、何も施していないお部屋と比べれば、多少なりとも予防策にはなります。




また漆喰を室内に導入することにより、室内の余分な湿気を吸湿/冬季は室内乾燥状態を防ぐ役割を担っているので、夏場はエアコンの設定温度を下げなくても、快適に過ごすことができ、冬場は漆喰が湿度を放湿してくれるので、インフルエンザ予防としても有効的です。



当物件では、今秋「漆喰を導入」したリノベーション部屋を募集する予定ですので、甲府市内でお部屋探しをされている方は、ぜひ一度お部屋見学に来てみませんか?



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#漆喰 #ウイルス対策 #リノベーション