エアコンの風が苦手な方必見!漆喰施工した賃貸アパートはいかがですか?


これから本格的な夏の時期を迎えると、昼夜問わずエアコンを使用する日々が続きます。

日本の夏は「高温多湿」となることから、室内にいる時は、どうしてもエアコンを使用しなければ、仕事や日常生活を送ることができにくくなってしまい、場合によっては生命の危機に瀕してしまうこともあり得ます。


ただその一方で、エアコンの風(冷房)が少なからず「苦手」な方もいます。


エアコンの風が苦手な方は、どうしても扇風機などを活用しなければ、寝ること自体も難しくなってしまいます。ただエアコンなしで扇風機だけでの就寝は、湿度が高い状態は変わりはないので、熟睡することはまず不可能となってしまいます。


ただ、甲府市大里町にある賃貸アパート・グレイスロイヤルにおいては、上級グレードの部屋のみとはなりますが、自然素材の漆喰を施工しているので、通常の部屋と比べると湿気を吸湿してくれることから、蒸し暑いといったことにはなりにくくなります。


漆喰を和室部屋に施工したS101号室。

漆喰を洋室部屋に施工したS101号室。

現在1部屋募集を行っていますが、LDK・和室・洋室の全ての部屋の壁に「自然素材の漆喰」が施工されています。


漆喰を施工することによって、調湿効果が期待できますが、これは室内ある余分な湿気がある場合には、漆喰が吸湿してくれるので、除湿機等を使用しなくてもある程度の湿気対策をしてくれます。



実際に当物件リノベーション部屋(漆喰を施工しています)にご入居して頂いているお客様も、エアコンの風が苦手ということで、就寝時はエアコンを使用せずに扇風機だけで寝られているとのことですが、そのお客様は「暑いけれども、ムシムシした感じではないので寝ることはできる」とのことでした。


エアコンの設定温度は、人よって「快適な温度」が異なることから、よくご夫婦で「設定温度」を巡って口論になりやすくなってしまいますが、漆喰を施工した部屋においては、吸湿効果が期待できるので、冷房設定温度を低くしてしまうと、室内が冷えすぎてしまうので、体調不良を招いてしまう恐れが出てきます。


お部屋探しの際、参考になれば幸いです。



閲覧数:1回0件のコメント