オシャレな賃貸とは?


こんにちは!

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


山梨県の賃貸市場は、需要(部屋を借りる側)より供給(物件)の方が多い状態となっており、空室率が深刻化になっています。とくに築年数が経過した古い物件は、家賃を値下げしなければ成約が難しい状態となっていますので、近年では古い物件を中心に「リノベーション」を行う部屋が多くなってきました。


「リノベーション」は通常のリフォームとは異なり、窓枠や窓以外のすべての設備を交換することを指します。


リノベーションをすると、今までのお部屋の雰囲気が180度変わりますので、まるで新築物件のお部屋と、思わず錯覚してしまうぐらいに、クオリティーが高くなっています。


リノベーションされた物件は、場合によっては新築以上のクオリティーが期待できるかも…

しかし、一方でよくサイト内にある「リノベーションされたお部屋」の紹介ページを見てみると『オシャレでデザイン性のすぐれたお部屋』などといった紹介文が記載されていて、お部屋の写真を見てみると…


確かに、壁紙(クロス)や床などは一新されていますが、どこが「リノベーション」なのか…?たまに疑いたくなる物件もあります…。


リノベーション物件やデザイナーズ物件について、定義づけされていないので、管理会社の方が普通のリフォーム以上に費用をかけている場合は、「リノベーション」「デザイナーズ」という表記をされている場合が多いです。



甲府市大里町にある賃貸物件・グレイスロイヤルでは、昨年4月におしゃれなカフェのような温かい雰囲気の賃貸物件を作ることを目的としたリノベーションブランド・Elegantroomを立ち上げました。


グレイスロイヤルが手掛けるリノベーションは「手作り」「癒し」がテーマとなっていて、とくにキッチンの部分は力を入れています。


リノベーション後のキッチン。完全オーダーメイドのキッチン

グレイスロイヤルのキッチンは、もともとは以前使っていたキッチンをリメイクしたものです。キッチンのすべての扉、キッチンパネルは新調し、換気扇フードはもともとあったものを再塗装しただけです。


また、賃貸キッチンの「作業スペース・収納スペースが狭い」という声がネット上のアンケートを見ても多かったので、作業スペースの狭さと収納スペースの確保をドッキングさせた「作業台付き可動式キャビネット」を新たに採用したことにより、今までのキッチンの不満点を解消させることに成功しました。


キャビネットは「キャスター」が付いていますので、お料理の仕方によって「L字型」「対面キッチン型」にもなります。賃貸物件のキッチンの場合、お二人がキッチンに立つとすれ違いする時に、ぶつかってしまうことがあるとのことですが、こちらのキャビネットの場合はぶつかる心配はもうなくなりますので、イライラ感も解消できそうです。



こちらのキッチンは、リノベーションブランド・Elegantroomを立ち上げる前に、試験的に2部屋に導入しましたが、導入してわずか1か月後にはご成約になり、入居の決め手について、お客様にお伺いした所「キッチンがオシャレだったから」というご意見を頂きました。


壁紙や照明がきれいなものを使用するのは確かに大切なことですが、ファミリー物件の場合やはり「キッチン」をどのようなものなのか?がポイントとなってくると思います。


グレイスロイヤルのオシャレでカフェ風のキッチンは、機能性が従来のものより格段にUPしまた、休日にお友達が遊びに来る際、思わず自慢をしたくなるキッチンであると思います。


これからの賃貸物件は「キッチンを中心とした生活」に視点に充てて物件探しをしてみませんか?


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#山梨 #甲府 #大里町 #賃貸 #物件 #グレイスロイヤル

#デザイナーズ #インテリア #リノベーション #和室 #琉球畳

#おしゃれ賃貸 #カフェ風 #キッチン #仲介手数料無料 #漆喰