オンライン内見だけでお部屋を決めてしまうことに対するリスクとは?


コロナ禍の状況が現在でも続いている中、お部屋探しをしなければならない方にとって、お部屋見学をされることは、ある意味においてはリスクを伴います。


そこで最近では、オンライン上においてお部屋見学ができるように、仲介会社でも創意工夫をして募集活動を行っています。


オンライン内見の魅力といえば、やはり現地に行かなくてもお部屋の様子がわかるので、時間と手間(交通費)が掛からない点。ただオンライン上においてお部屋を決めてしまうと、いざ入居した時に、様々なデメリットが発生する恐れがあります。



室内の奥行まではわからない

オンライン内見は、お部屋の雰囲気を確認する分なら、十分に活用できるアイテムだと思います。ただ、室内空間…とりわけ奥行きに関しては「どのくらい広いのか」については、やはり肉眼で確認しなければ把握することができません。


また2階以上のお部屋の場合には、外階段を利用するケースがありますが、階段の幅をある程度把握しておかないと、荷物の搬入をする時、階段からの搬入ができないことも予想され、追加料金が発生してしまう恐れが出てきます。

 

豆知識

引っ越し業者に引越しを依頼する場合、基本的に追加料金などは発生しませんが、ただ大型の家具や家電をお持ちの方で、階段や玄関が「狭すぎ」て搬入することができない場合には、ベランダから搬入するケースがあり、この場合追加料金を支払わなくてはなりません

 

アパートの雰囲気がわかりにくい

通常のお部屋見学の場合、アパート駐車場からお部屋まで「歩いて」移動されますが、移動中アパートの外観や内観などを確認することができるので、お部屋を決めるひとつの判断材料になりますが、オンライン内見の場合、お部屋のみの内見で終わってしまうと、アパートの周りがどのような雰囲気なのか、把握することができないので、心配な部分があります。



コロナ禍の状態ではありますが、物件見学を行かないままの状態で「契約」をしてしまうと、映像ではわかりにくい部分がわかってしまうので、場合によっては後悔してしまう恐れもあります。


ですので、可能な範囲内で「お部屋見学」はするべきですし、もし見学を行って「自分が思っていた部屋とは違う」と感じた場合には、賃貸借契約書にサインをする前なら「キャンセル」はできますので、最低でも契約をする前にお部屋確認はするべきです。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#コロナ禍 #オンライン内見

閲覧数:2回0件のコメント