キッチンが主役。素材にこだわったおしゃれなキッチンが、標準装備。


こんにちは。


賃貸物件において、一番大切なこと。

それは、住み手の人の気持ちをできる限り反映させた、お部屋をご提供できるかどうか?

その一点に尽きると思います。

特にファミリー向け賃貸物件においては、自宅にいる時間が長い「奥様」が

どのくらいお部屋でくつろぐことができるのか?

が問われますが、お部屋の中で一番落ち着く場所にしなければならないのは、やはりキッチン。



最近では、男性も料理をする方が増えてきていますが、それでも女性(奥様)の方が圧倒的にキッチンに立つ確率は高くなりますが、今までの賃貸のキッチンは、多くの女性にとって落ち着くことができない場所でした。



その理由は、お洒落とは無縁だから。



家事の中で、一番いる時間が多いのは、圧倒的にキッチン。



そのキッチンが、お洒落とは無縁な世界だったら、毎日の家事を楽しくすることは難しいですよね。そこで、当物件では2018年より、空き室を順次リノベーションを行っていますが、キッチンに関しては女性なら必ず喜んでくれる「ナチュラルテイスト」に特化した、当物件オリジナルのキッチンを標準装備しています。




生まれ変わったキッチン(他室転用)

職人さんがひとつひとつ無垢材を丁寧に加工・取り付けしています


もともとは、既存のキッチンをリメイクしたものではありますが…

室内をナチュラルテイストに特化したおしゃれな部屋にしたいため、既製品ではどうしても画一的な空間になる恐れがあることから、家具屋さんにお願いをして、無垢材(パイン材)で作った扉を特別に作ってもらっています。


無垢材の良いところは、時間の経過と共に、無垢材の色が飴色に変色していくところ。

そのため、当物件ではナチュラルテイストキッチンに合わすために、あえて壁の色を白にしています。(おしゃれな色にわざわざする必要性もないので…)



現在、S205号室をリノベーション工事していますが、こちらの部屋も当然、ナチュラルテイストのキッチンを標準装備、また壁には自然素材の漆喰を施工します。


職人さんが丁寧に漆喰を塗ります。

漆喰を塗ることにより、自然光を反射させる効果が期待できるので、日中は電気をつけなくても生活することができ、また現在コロナウイルスが流行していますが、漆喰には、壁に付着したウイルスや細菌の増殖を抑制する効果が期待できるので、予防策としてはこれ以上のものはありません。



漆喰が施工してあると、まるで本物のカフェのお店に来たような雰囲気をいつでも味わうことができるので、本格的な「おうちカフェ」が楽しめそう。


S205号室のお部屋の完成は、来月10日となりますが、今月末までにはある程度工事の方は進んでいますので、お部屋見学は可能となります。



甲府市内で、おしゃれなカフェの様な生活をしたい方は、要チェックですね!



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#キッチン #リノベーション #ナチュラルテイスト