グレイスロイヤルで楽しめる壁付けキッチンおしゃれなLDKレイアウト


近年施工されている新築賃貸物件では、対面キッチンが標準装備になっています。


対面キッチンが設置されていると、リビング内の様子を伺うことができるので、テレビを見ながら/お子さんの様子を見ながら料理ができるので、若い世代には人気が高いキッチンとなっています。


ただ、対面キッチンを置く場合には、キッチンスペースとして4帖程の空間が必然的に取られてしまうことから、LDK全体を広く使いたい方にとっては、マイナスとなってしまいます。


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、1993年築ということもあり、2018年以降空き部屋を順次リノベーションを行っています。キッチンに関しては「今までの壁付けキッチン」となっているものの、ナチュラルキッチンにリメイクしたこともあるので、まるでおしゃれなカフェのお店にあるような、居心地がいいキッチンに生まれ変わっています。


賃貸でナチュラルキッチンがある物件は、そうそうない事から、特に女性のお客様からは高い評価を頂いておりますが、当物件にご入居されているお客様は、キッチンを含むLDKをどのように活用しているのでしょうか?


そこで、今日のブログは当物件が手掛けた「ナチュラルテイストリノベーション」部屋にご入居されているお客様のお部屋における、LDKの使い方についてお伝えしていきます。


 

目 次

1.グレイスロイヤルのリノベーション部屋とは?

2.ワンポイントアクセントが、室内空間をよりおしゃれに

3.室内空間を統一させることで、すっきりした部屋に

4.まとめ

 

1.グレイスロイヤルのリノベーション部屋とは?

1)賃貸の空室率は全国的な問題

不動産賃貸業界においては、近年「賃貸の空室率」が深刻となっています。

人口減少が続く地方都市においては、賃貸新築物件の建設に「歯止めが掛かっていない」ことから、競争力が低下している築年数が経過した物件では、家賃を下げても集客することができない物件があるほど、空室が深刻化となっています。


そこで、一部の管理会社物件においては、古くなった物件を新築物件並みにする「リノベーション」を行う所が増えてきています。


リノベーションとは、室内の設備や内装、間取りなど一新させた部屋のことを指し、リノベーションを行うと、室内の古臭さは一気に解消するので、快適な生活を送ることが可能となってきます。


またリノベーション賃貸は、新築と比べると「家賃が安い」ことから、予算を抑えつつもおしゃれな部屋に住みたい方にとっては、理想的な部屋と言っても過言ではありません。


ただ多くのリノベーション賃貸は、コストを抑えるために「既製品」を導入するケースが多いため、どのリノベーション賃貸も「同じような部屋」に見えてしまうといったデメリットもあります。


2)グレイスロイヤルのリノベーションとは?

当物件が手掛けるリノベーションとは、可能な限り「自然素材の材料」を使うことを心がけています。

当物件のリノベーション代名詞と言っても過言ではない「ナチュラルキッチン」は、もともとは、新築時から使用していた壁付けキッチンをリメイクしたもの。


今まで使用していたキッチン扉やキッチンパネルは、リノベーションを機に新調し、扉にはホンモノの無垢材を採用することによって、今までのリノベーション賃貸では味わうことができない「温かみ」や「温もり」を感じられるように配慮しました。


また、上級グレードのリノベーション部屋においては、LDK・和室・洋室の壁に「漆喰」を施工しています。漆喰を施工することによって、室内の調湿性や消臭性、抗菌・抗ウイルス効果も期待できることから、通常の部屋と比べると「生活がしやすい部屋」になっていることから、おうち時間が長くなってしまった現在においては、暮らしやすい部屋と言っても過言ではありません。



2.ワンポイントアクセントが、室内空間をよりおしゃれに

ワンポイントアクセントが、室内空間をよりおしゃれに

当物件のリノベーション部屋では、壁付けキッチンとなっているものの、無垢材で作った特注のキッチンカウンターが設置されているので、事実上「対面キッチン」としてお使いいただく事が可能となります。


当物件が開発したキッチンカウンターは、当初様々なレイアウトを楽しんでいただきたいと思っていたので、カウンターにはキャスターを取り付けてあります。


ただ当物件のリノベーション部屋にご入居されているお客様においては、ほぼ全てと言っても過言ではないぐらい、カウンターを固定・対面キッチンとして活用されているとのことです。




こちらのお部屋の場合、食器棚や冷蔵庫を白で統一しているため、室内空間に温かみを感じられますが、カーテンの色をグリーンにしていることによって、落ちつきのある部屋にしてくれるので、おうち時間が長くなっても、生活感を感じにくくしてくれます。


またこちらの部屋では、ダイニングテーブルは設置しない代わりに、リビングにテーブルを設置して床座スタイルとしています。ダイニングとリビング空間を一体にすることで、LDKをさらに有効的=広く使えることができるだけではなく、モノが少なくなることから、生活感を感じにくくしてくれる点では、ストレスを感じにくい空間と言えます。



3.室内空間を統一させることで、すっきりした部屋に

室内空間を統一させることで、すっきりした部屋に

こちらのお部屋は、フローリングの色に合わせた室内レイアウトをしているので、室内がすっきりしているのはもちろんのこと、清潔感が室内空間前面に出ているので、さわやかな気持ちにしてくれます。


こちらのお部屋にも、漆喰を採用してますが、漆喰は通常の壁紙と比べると、自然光などを反射させる効果が期待できるので、室内がとても明るくなり、また漆喰は職人さんによる手塗りであることから、生活感を感じさせない居心地がいい空間となっています。



4.まとめ


おしゃれすぎるナチュラルキッチン

当物件のキッチンは、壁付けではありますが、ホンモノの無垢材や壁には漆喰を採用しているので、同じリノベーション部屋であったとしても、手作り感をいつまでも味わうことができるので、特にキッチンに立つ時間が多い女性のお客様からは、高い評価を頂いております。


当物件のリノベーション部屋においては、アクセントクロスはトイレなど一部分しか採用せず、また原則としては「白を基調」とした室内となっていることから、誰でも簡単におしゃれな部屋をレイアウトすることは可能となっています。


おうち時間が長くなってしまった今だからこそ、おうちで過ごす時間を有効的また有意義にしなければなりません。そういう意味においても、グレイスロイヤルのリノベーション部屋は、多くの方が「今まで住みたかった室内空間」を具現化した部屋になっていると言っても、過言でないと思います。


閲覧数:4回0件のコメント