グレイスロイヤルと他社物件が手掛けるリノベーションの決定的な違いとは?


こんにちは!

山梨県内の賃貸物件の中には、室内の内装や設備を丸ごと入れ替えた「リノベーション」を施すところが、近年増え続けています。


リノベーションを施す物件の多くは、資産価値が低下傾向している「築年数が経過した」古い物件。古い物件と聞くと「設備が古い」「汚い」といったマイナスイメージしか頭の中に浮かんでくるような感じではありますが、室内を丸ごとリノベーションすると、築年数を言わなければ「新築物件」と間違われるほど、お部屋が一新されます。


ただ、一言で「リノベーション」といっても、リノベーション方法は多種多様あります。

リノベーションをする際、一番多く行われているのが「壁紙」の交換。


壁紙はお部屋の印象を決定づける内装の一部であることから、リノベーションの際には「おしゃれな壁紙」を採用するケースが殆ど。

おしゃれな壁紙を貼ることで、お部屋の印象は180度変わりますので、この時点ですでに室内が古いといったイメージは半減以下になりますが…


しかし、ここで気になる所が…。

おしゃれな壁紙を使用しても、その壁紙+お部屋の雰囲気が、お部屋を探されている方のニーズにマッチしているのか?

お部屋探しをされる方は、自分たちが使用している家具などが、お部屋とうまく調和するかどうかをしっかり考えながら見学されますので、たとえ管理会社サイドが「おしゃれ」と思って貼った壁紙が、お客様のニーズに合ってるかどうかは別問題。


そこでグレイスロイヤルでは、多くのお客様が絶対的に気に入っていただけるようなお部屋にリノベーションをして貸し出しをしています。


グレイスロイヤルでは、2018年よりおしゃれなカフェのようなお部屋をイメージしたリノベーションを随時展開しています。


カフェのお店の雰囲気が嫌いな方は、いませんよね?

カフェのお店って、ナチュラルテイストに統一されていているので、何時間いても全く飽きてきませんし、居心地がとてもいいのが特徴ですよね!


またカフェのお店に使用されている内装の色も「統一されている」所も、落ち着いた空間を作り出しています。


グレイスロイヤルのリノベーションでも、このような部分に着目をして、基本的にはベージュと白の2色のみで、空間を表現をしています。


壁が白だと、おしゃれではないと思われがちですが…

上級グレードのお部屋には、カフェの内装の定番ともいうべき「漆喰」をお部屋の壁に塗っていますので、お部屋がとってもおしゃれになっていますし、壁全体から温もりを感じ取ることができますので、とても落ち着きますよ!



同じリノベーション部屋であっても、管理会社によって考え方は異なります。

もしおしゃれなカフェのようなお部屋で生活をしたいとお考えの方は、ぜひグレイスロイヤルにご入居してみてはいかがですか?



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#リノベーション #カフェ風 #部屋探し