グレイスロイヤルのおしゃれなリノベーション賃貸での居心地がいい暮らし。


最近賃貸業界で注目されているリノベーション賃貸。

古くなった室内設備や内装を一新させたおしゃれな部屋は、見た目的には新築物件と殆どさがないばかりではなく、場合によっては新築以上におしゃれな部屋に生まれ変わっていることも。


入居後居心地の良さがとてもいいグレイスロイヤルのリノベーション賃貸は、お客様から高い評価を頂いております

新型コロナウイルスの影響により、おうち時間が長くなったことから、室内が生活感丸出しの部屋だったら、テレワークをする際にもストレスを感じてしまいそう…。


今日のブログはグレイスロイヤルが展開しているおしゃれなリノベーション賃貸のメリットについてお伝えします。



目 次

1.リノベーションとリフォームの違いとは?

2.グレイスロイヤルのリノベーション部屋とは?

3.居心地の良さは自然素材の材料を使用しているから

4.リノベーション部屋に入居されたお客様の感想


1.リノベーションとリフォームの違いとは?


リノベーションとリフォームの定義は実はありません。

賃貸物件を探されている方にとって、リノベーションとリフォームの違いがいまいちピンとこない方も多いはず。それもそのはずですが、リノベーションとリフォームに対する「定義」は、そもそも曖昧。どこまで行ったらリノベーションなのかどうかについては、実は管理会社などが勝手に判断しているので、とても分かりにくくなっていますが…


自分が理解しているリノベーションとリフォーム部屋との違いとは・・・・

リノベーション

室内の設備・内装、間取り変更を行った物件。

リフォーム

原状回復工事(壁紙交換)


このように考えると、お客様の方でもわかりやすくなるのではないでしょうか?



2.グレイスロイヤルのリノベーション部屋とは?


グレイスロイヤルは、1993年に建てられた賃貸アパート。

本格的にリノベーションを開始したのは2018年からで、他社とは全く違っている点は、室内をナチュラルテイストに特化したお部屋作りをしているところ。


おしゃれなナチュラルキッチンが魅力的な、山梨賃貸おしゃれグレイスロイヤル

おしゃれな部屋=壁紙をおしゃれにすることが、賃貸リノベーション工事で行うひとつのセオリーとなっていますが、人の色の好みは「十人十色」

管理会社の担当者が「この色がいい!」と思っていても、実際に生活されるのは担当者ではなく、未来のお客様。


そのお客様が担当者が選んだお洒落な壁紙を認めてくれることができれば、入居して頂ける確率は高くなりますが、ただおしゃれな壁紙に頼ったお部屋は、入居後しばらくしてくると「飽きられてしまう」確率が高いことがわかっています。

(詳細は→「アクセントクロスに飽きる理由とプロも実践する後悔しないテクニック」


そこで、グレイスロイヤルではおしゃれな壁紙に依存したリノベーション部屋を作るのではなく「いつまでも居心地がいい空間」「温もり溢れるお部屋」にしようと、ナチュラルテイストに特化したお部屋作りをしています。



3.居心地の良さの理由は、自然素材を使用しているから


グレイスロイヤルのリノベーション部屋は、ナチュラルテイストに特化したお部屋となっていることから、室内にはできる範囲内で「自然素材」のものを導入しています。


ご入居されたお客様から一番高い評価を頂いているのが、おしゃれなキッチン。

実は、このキッチンは「おしゃれなカフェの様な生活」をして頂きたと思い、あえて既存のキッチンをリメイクしたもの。


賃貸キッチンに無垢材扉が取り付けられている時点で、凄い

キッチン本体と換気扇以外はすべて新しいものに交換し、キッチン扉は家具屋さんにお願いをして特注で作って頂いた「無垢材」扉、キッチンパネルは新しいものに交換をしただけですが、実はこのキッチンの製作費用はなんと60万円。

正直「賃貸用のシステムキッチン」を導入したほうがコスト的には抑えられます。


しかし、キッチンは女性(奥様)にとって一番いる時間が長い場所。

キッチンがおしゃれでないと、生活リズムが崩れると言っても過言ではないほど、キッチンはとても重要なところ。だからこそシステムキッチンでは「生活感」が前面に出てしまうので、費用はかさみますがナチュラルキッチンを導入したわけです。