top of page

グレイスロイヤルのおしゃれリノベーション賃貸がなぜお客様に支持されているのか?


賃貸に住むなら「おしゃれな部屋」であることはもちろんのこと、家賃もできたらリーズナブルな所がいいですよね。


近年では築年数が経過した物件を「新築並み」に蘇らせる「リノベーション賃貸」が多くなってきていて、日本一空室率が悪い山梨県においても、リノベーション賃貸供給数は結構多くなってきています。


グレイスロイヤルは1993年に建てられた賃貸アパートということもあり、2018年から空き部屋を順次リノベーションをしていますが、当物件のリノベーションは他社リノベーションではなかなか見ることがない「ナチュラルテイスト」に特化した部屋となっています。


通常、賃貸物件をリノベーションする際には、できる限り「お金をかけない」方法をとります。例えばキッチンひとつにしても、既製品を導入すればコス津門を抑えることができますが、当物件では真逆のことを行っているので、毎回費用がかさんでしまいますが、ただ費用をかけた分、室内のクオリティーは高いものとなり、お客様から高い支持を頂いています。



今回特に高い支持をもらっている「キッチン」「漆喰」「浴室」の3点についてご紹介したいと思います。



1.本格的なナチュラルキッチン
山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルのキッチンはフルリノベーションしています

賃貸のキッチンの定番というと、やはり対面キッチンですよね。

ファミリー向け新築賃貸物件には、対面キッチンが標準装備になっていますが、対面キッチンを置く事によって、リビング内の様子を見ながら料理ができるので、特に若い世代からは人気が高い設備となっています。


ただし、対面キッチンを設置することによって…


・キッチンスペースだけで4帖分確保しているので、LDKが狭くなってしまう

・調理中のニオイがリビング内に広がってしまう

・油跳ねや水撥ねがしやすいので、掃除が大変


といったデメリットもあるのも事実。

また対面キッチンが全ての人に受け入れられているかというと、正直な話一長一短であり、中には対面キッチンは使いにくいという声もあるのも事実であることから、当物件では築年数が経過していることを逆に武器にして、カフェのようなテイストを味わえるおしゃれなキッチンにしようと思い、上の写真のようなキッチンが生まれました。


ナチュラルキッチンのベースは、もともと設置されてあったキッチン。

本体はそのまま使用しますが、本体以外は新しいものに交換したり、再リメイクをして設置しています。

山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルのキッチンはもともとあったキッチンをリメイクしたもの

キッチンパネルを取り付けます

扉やキッチンカウンター本体に使用しているのは、本物の無垢材。
扉やキッチンカウンター本体に使用しているのは、本物の無垢材。

建具屋さんが無垢材扉などを取り付けます


また、賃貸のキッチンは「調理スペース」や「収納スペース」が狭い場合が多く、この部分について多くの方が不満に感じているところとなっているので、リノベーションを機に、調理スペースと収納スペースの狭さを改善させた「調理台が付いた可動式のキッチンカウンター」を新設・設置し、家事のしやすさを改善しました。




2.自然素材の漆喰が、築古物件の弱点を帳消しにする

山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルのリノベーション部屋においては漆喰を施工

LIXIL住宅研究所の調べによると、築年数が経過している物件において、室内の機能性(断熱、湿気、騒音)に対して不満に感じている方は約8割いて、室内の機能性は築年数が経過すればするほど、不満に感じている人は多くいることがわかっていますが、築年数が経過した物件において、室内の機能性改善に対して、特段何も対応していないのが現実。


そこで、当物件では上級グレードのお部屋のみではありますが、自然素材の漆喰をLDK・和室・洋室の全ての部屋の壁に施工しています。


漆喰を施工することによって、断熱・湿気の部分においては、ある程度改善させることが可能となりますが、どうして漆喰を施工することで、室内の機能性がある程度よくなるのでしょうか?


1)多湿・乾燥対策をしてくれる

漆喰を施工することによって得られる効果は、皆さんが思っている以上に多くあり、例えば漆喰には調湿効果があり、これは室内の多湿・乾燥状態を漆喰が判断して適度に対応することができ、夏の時は室内を閉めっぱなしにしておくと「ジメジメ感」が半端なく、すぐにクーラーをつけてしまいますが、漆喰の部屋ならば、室内の余分な湿気を漆喰が吸湿してくれるので、ジメジメしたような感じにはならず、むしろカラッとした感じになるので、エアコンの設定温度を低くしなくても快適に過ごすことが可能となります。


逆に冬場は、暖房使用時間が多くなることによって、室内が乾燥しやすくなり、インフルエンザウイルスにとって、好ましい環境となってしまいがちになりますが、漆喰が施工されていると、漆喰が適度に湿度を放湿してくれ