グレイスロイヤルのリノベーションは、他社物件とどこが違うの?


賃貸業界において、近年注目されている「リノベーション物件」。


築年数が経過した物件を「新築同様」のへやに「再生させる」部屋は、築年数を感じさせないぐらい、室内空間がおしゃれになっていて、また家賃の部分においても「新築物件より安く」なっていることから、最近のお客様の傾向としては「あえてリノベーション物件」を選ぶ方が多くなってきています。


ただその一方で、リノベーション物件を行う物件が多くなってきたことから、その物件が他社物件と「どこが違うのか?」わかりにくくなってきています。


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、1993年築の物件であることから、2018年以降、空き室を順次リノベーションを行ってきていますが、当物件が手掛けるリノベーションは、他社物件とは徹底的に異なっているので、見学に来たお客様は「驚かれている」のが正直な所です。


今日のブログは、当物件のリノベーション部屋が、他社とはどこが違うのかについて、お話していきたいと思います。


 

目 次

1.オリジナルキッチンを採用している

2.漆喰を採用している

3.床材はあえてクッションフロアを採用

4.人気がない和室をあえて残す

5.水回り部分は、特に力を入れている

6.リノベ賃貸の主役は、お客様

 

1.オリジナルキッチンを採用している

オリジナルキッチンを採用している

リノベーション物件の華といえば、やはりキッチンではないでしょうか?


特にファミリー向け賃貸で、リノベーションを行う場合、殆どの物件で「キッチンは交換」していることが多いのですが、ただメーカー品のものを採用してしまうと、どうしても「新築物件と同じような」感じになってしまいます。


そこで当物件では、キッチン本体は「今まで使用していた」ものをそのまま使っていますが、それ以外(扉、パネル)は、リノベーションを機に新しいものに交換し、また換気扇フードは「再塗装を行った上」で再利用していることから、まるでおしゃれなカフェのお店にあるような、居心地がいいキッチンとなっています。


こだわり①:一度スケルトン状態にしている

一度スケルトン状態にしている

キッチンパネルを新しく貼り付ける関係で、キッチン本体を一度「スケルトン状態」にします。新しいパネルは、現状のパネルの上に貼り付けを行います。



こだわり②:扉は本物の無垢材

扉は本物の無垢材

扉は、家具屋さんにお願いをして、特別に作ってもらってます。

無垢材を加工~組み立て~設置を行いますが、キッチン扉にあったものを作らなければならないため、リノベーションが発注されたごとに製作をする関係で、キッチンが完成するまで約3週間かかります。


こだわり③:扉の取付

扉の取付

完成した無垢材扉を、キッチンに取り付けます。


こだわり④:キッチンカウンター新設

キッチンカウンター新設

当物件のリノベーションキッチンは、今まで使用していたキッチンをリメイクする形となっていることから、調理スペースが狭すぎとなっているので、使いやすいキッチンとは言えるようなものではありません。


そこで、キッチンの利便性を高めるために「調理台を付けた可動式のキッチンカウンター」を新設・設置することによって、調理スペースと収納スペースの増強を図ることができました。


今までの調理スペースと比べて、キッチンカウンター上部の調理スペースは「約2倍」となっているので、食材の下ごしらえをする時は、とても便利になりますし、また収納スペースも上下に設定していることから、お二人で住む方なら「食器棚」は、必要ないのではと思われます。


こだわり⑤:オイルステインを塗っている

オイルステインを塗っている

オイルステインを塗ることによって「木材保護」「汚れが内部に浸透」するのを予防してくれます。オイルステインを塗る前と後では、木材の色が「少しだけ濃く」なりますが、ただこれから使用していくうちに、経年変化によって「さらに濃い色」=イメージ的には飴色に近いようになってくるので、ナチュラル家具が好きな方にとっては、キッチンで過ごす時間が至福の時間になりそうですね。



2.漆喰を採用している

漆喰を採用している

多くのリノベーション賃貸においては、基本的に工事を行う際には、壁紙交換を行っています。ただそれを行ってしまうと、正直どの部屋も同じような感じになってしまい、差別化を図ることが難しので、当物件においては、上級グレードの部屋のみ「自然素材の漆喰」をLDK・和室・洋室に採用しています(なお天井は除きます)


どうして漆喰を採用したかというと、漆喰を採用することによって、築年数が古い物件の不満点=室内の機能性を改善させることが期待できるからです。

 

リクシル住宅研究所のリリースによると、築年数が経過した物件になればなるほど、室内の機能性(断熱、湿気、防音)に対して「不満」を感じている方が約8割いることがわかり、その内の3割の方は「不満点解消のため、引越しを検討している」とのこと。

 

保冷・保温効果が期待できる

漆喰を顕微鏡で見ると「結晶の塊」で、これは雪と同じ。

豪雪地帯でよく作られる「かまくら」の中は、意外なほど寒くはないのですが、これはかまくらの中で「遠赤外線効果」が生まれているためと言われています。


つまり、漆喰を壁に施工することによって、少ない冷暖房でも「室内が快適」になることから、通常の部屋と比べると「保冷保温効果」=断熱性に優れていると思われます。



調湿効果で、カビ対策ができます

漆喰には「調湿効果」があり、室内が多湿傾向になると、漆喰は吸湿してくれるので、思っている以上に「蒸し暑く」なるようなことにはなりにくく、逆に冬は「暖房器具」を使用する機会が多くなりますが、室内が乾燥状態になると、漆喰が放湿してくれるので、乾燥予防対策を勝手にしてくれます。


また、調湿効果が期待できる漆喰は、防カビ対策にも有効的となり、カビを予防してくれるということは、必然的にカビをエサにしている「ダニ対策」にも有効的となることから、特に小さなお子さんがいるご家庭にとっては、メリット大の部屋といっても過言ではありません。


吸音対策に一定の効果は期待できます

漆喰は「多孔質構造」となっています。

多孔質とは、目視では確認することができないぐらいの、無数の穴が開いていること。多孔質には、吸音効果が期待できると言われていて、実際当物件の漆喰を施工している部屋(窓を閉め切った状態)で、声を出してみると「声が跳ねかえっている」ことがわかります。


通常の部屋において、窓を閉め切った状態で声を出しても、音が跳ね返るといったことはありません。漆喰部屋において、跳ね返る現象が起きているということは、恐らく吸音効果が期待で来ているのではと、推測しています。



3.床材はあえてクッションフロアを採用

当物件のリノベーションの特徴として、床材は一部の部屋を除き「クッションフロア」を採用しています。