グレイスロイヤルのリノベーション部屋が他物件より優れているところとは?


こんばんは!

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



近年、山梨県内の築年数が経過した賃貸物件の中には、お部屋の内装や設備を一新させたリノベーションを施す物件が多くなってきました。お部屋がリノベーションされると、今までのお部屋の雰囲気が180度違ってきますので「おしゃれなお部屋に住みたいけれど、家賃を抑えたい」と考えている方にとってはとても魅力的なお部屋といえると思いますが…



リノベーション賃貸といっても、お部屋によってまちまち

ただ、気を付けてもらいたいことがあります。

それは本来ならば「リノベーションとは言えないようなリフォームをしたお部屋」がリノベーション物件として紹介をされていること。


といっても、リフォームとリノベーションはどこが違うのか、正直言ってわからない方も多いと思いますので、簡単にリフォームとリノベーションの違いについて、説明をしたいところですが…


実は、リノベーションとリフォームともに国で定められた明確な定義はありません。


よく大手賃貸物件サイトなどに「リノベーションをしたお部屋」と記載があるお部屋がありますが、明確な基準が国で定めていない以上、施工した会社や管理会社などが自分たちの判断で、リノベーション部屋などとうたっているのが現状ですが、ただ明確な線引きが分かった方がいいですよね!


一般社団法人 リノベーション協議会では、リフォーム・リノベーションを以下のように定義・分類しています。


リフォーム 原状回復のための修繕・営繕、不具合箇所への部分的な対処。

リノベーション 機能、価値の再生のための改修、その家での暮らし全体に対処した包括的な改修。


この定義を当てはめてみると、殆どの賃貸物件で行われているリノベーション工事は、実はリフォーム工事になってしまいます。

床を新しい床材に交換をする、トイレを新しいものに交換をするなどといった内容は、リノベーションではなく、リフォームになりますよね?


一方リノベーションは、リノベーションされたお部屋に住む人の暮らしにあわせて、設備や機能などを柔軟に考えて、新しい価値を作りだすもの。


グレイスロイヤルが展開している「ElegantRoom」(リノベーションのブランド名)はまさにこの考えに一致しています。



例えば、キッチン。通常のリノベーションでは、最新型のシステムキッチンを導入するのがセオリーですが、グレイスロイヤルが展開しているリノベーションは「おしゃれなカフェのお店の雰囲気を出す」ことを目標としているので、あえて既存のキッチンを生かしたキッチンリメイクをしています。


リノベーションする前のキッチン

リノベーション後のキッチン

キッチン本体はそのまま生かし、扉はパイン材に変更し、キッチンパネルは新しく張り直し、換気扇フードは再塗装したもの。また賃貸のキッチンは作業スペースや収納スペースが狭くなっているので、それらを補う可動式のキャビネットを新設しました。




現在募集しているS202号室は漆喰を施工しています

賃貸物件の壁には、壁紙が貼ってありますが、殆どの賃貸物件(新築も含む)に施工されてある壁紙は、機能性が全くない壁紙を使用しているケースが圧倒的に多いです。ただ賃貸物件で実際に暮らしてみると、ハウスダストや花粉などに悩まされる方が結構多くいます。


そこでグレイスロイヤルでは、2019年2月にリノベーションしたお部屋(現在こちらのお部屋はご成約されています)の居住エリアに「漆喰」を施工しました。漆喰を施工することにより、ハウスダストの発生を大幅に抑制する効果が期待でき、花粉に関しても、漆喰には花粉が付着しにくい性質があるので、花粉がお部屋に残りにくくなりますので、普段のお掃除をしっかりしていただくことにより、花粉症の症状を軽減することが期待できます。



グレイスロイヤルが展開しているリノベーションは、お部屋に新たな価値を作り上げることで、より健康的な暮らしができ、なおかつおしゃれな生活を送ることが出来ます。



お部屋探しの際、参考にしていただければ幸いです。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#山梨 #甲府 #大里町 #賃貸 #アパート #グレイスロイヤル 

#デザイナーズ #インテリア #リノベーション #和室 #琉球畳

#おしゃれ賃貸 #カフェ風 #キッチン #ナチュラルテイスト #漆喰

#仲介手数料無料