コロナ禍でわかった。賃貸物件のメリットとは?


こんにちは。


新型コロナウイルスの長引く感染者数増加は、経済活動に大きな打撃を与えています。

2020年4月~6月期の実質国内総生産(GDP)は

戦後最悪の前期比マイナス27.8%

を記録してしまいました。


近年、住宅ローン+住宅ローン減税の恩恵が受けられることから、マイホームを建てる方が急激に増え始め、賃貸の退去理由の中でも「戸建て住宅に住替える」方が年々多くなってきていますが、今年の新型コロナウイルスの発生により、会社の業績不振などにより収入が激減し、住宅ローン返済がきつくなっている方は、月を追うごとに増えています。




戸建てを購入してしまうと、月々の住宅ローンの他に

・固定資産税(都市計画税)

・火災(地震)保険

が別途発生し、これらを月割りで計算すると、自宅の規模や保険の掛け金などにもよりますが、おおむね数万円程度が毎月の住居費に加算されますので、現在住宅ローンの支払いが窮屈になっている方は、頭が痛い所。


住宅ローンの返済が難しくなった場合、借り換えや返済期間の延長・見直しなどがありますが、新型コロナウイルスの影響が長引いた場合、最悪は自宅を任意売却をせざるを得なくなります。




一方で、賃貸物件の場合、住居費は常に固定になっていることから、万が一収入が減った場合、家賃の安い物件に引っ越すか、管理会社(オーナー)に事情を話して、家賃の減額をお願いするなど、柔軟な対応をとることが可能になります。


また戸建てでは「固定資産税」「火災(地震)保険」を別途支払わないといけませんが、賃貸物件なら、建物・土地に係る固定資産税・火災(地震)保険は、全てオーナーが支払うので、住居費がわかりきっていることから、とても安心できますよね。



賃貸は、家賃を支払っても自分のものにはなりません。

ただ、賃貸のメリットは、万が一家賃の支払いが難しくなった場合、対応策がいくらでもありますが、戸建ての場合は、最悪マイホームを手放さないといけない悲惨な目に合ってしまう可能性があります。


賃貸/戸建てのどちらがいいのかは、人それぞれ。

ただ戸建て住宅を購入される際には、最悪のシナリオを考えたうえで、決断されたほうがいいのかもしれませんね。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#戸建て #賃貸 #家賃 #コロナ禍