コロナ禍における賃貸騒音問題。対処方法とは?


新型コロナウイルス感染拡大防止の一環として、政府は企業に対して「テレワーク」を積極的に推進するよう働きかけをし、企業側もできる限りの対応をしていますが、ただテレワークが多くなったことによって、今賃貸の騒音問題が多くなってきているとの事。


賃貸でテレワークが多くなったことによって、様々な問題が発生しています。

テレワークを推奨されることになると、当然今まで会社勤めをされていた方が、自宅にいることになるので、普段なら何ら問題はない「掃除や洗濯の音」が気になってきたり、お子さんが平日部屋にいると、つい話し声や足音などの生活音が気になって「仕事に集中」することができなくなってしまうので、ストレスが溜まる一方。



さらにインターネット無料物件の一部においては、オンライン会議中に「回線が重くなってしまい」相手の話し声などが聞き取りにくいことがありえますが、ただこの問題に対して、管理会社やオーナーに「ネット回線をよくしてほしい」と要望しても「劣化や故障ではない」ことから、対応してもらえないのが現実。


賃貸でテレワークをスムーズに行うためには、どのような対応をしたらいいのでしょうか?



①生活音が気になる場合には、管理会社に連絡する

テレワーク中に生活音が気になる場合は、管理会社に相談するのもOK

生活音がどうしても気になる(上階からの足音、子供たちの声、掃除機の音など)場合には、管理会社に連絡すれば「通知文」を作成・配布してもらえるので、ある程度生活音は抑えることができるはずです。


ただし、管理会社に連絡をする際「テレワークをしているので、生活音に配慮してほしい」と伝えなければ、日中時間帯の生活音は「ある程度は許容範囲」となっていることから、通知文配布は難しくなります。



②生活音が気になる場合は、自分で対応する


最近では遮音性が期待できる防音ヘッドホンが発売されています

管理会社の担当者に「通知文」を配布してもらっても、生活音が中々軽減できない場合、再度通知文を配布してほしいと依頼しても、あまり効果はないと思うので、それならば気持ちを切り替えて、自分で対応したほうが得策。


もし生活音が気になる場合には、遮音性が高い防音ヘッドホンを活用することによって、生活音がある程度軽減できるので、イライラすることも少なくなると思われます。



③ネット回線は自分で対応するしかない


インターネット無料物件においては、ネットが重くなっても管理会社の責任ではありません

インターネット無料物件において、ネット環境をよくしてほしいと、管理会社に頼んだとしても、管理会社は「回線が重くなる事象は、あくまでも一時的なもの」であり「劣化ではない」ことから、対応してもらえないのが一般的。


ですので、お客様が頼んでも正直対応してもらえない確率が高いので、もしお客様の方で予算が出せるならば、別にプロバイダ契約を結んで、新規ネット回線を引いた方が、一番手っ取り早い方法。


ただ、新規に回線を引く場合、管理会社の許可が必要になるケースが多いので、事前に確認を取った上で行わないと、場合によっては退去時に修繕費用を請求される恐れが出てきます。




これから賃貸探しをされる方で、今後テレワークに切り替わる方は、仲介会社の担当者に「騒音クレームが少ない物件」を紹介してもらえると、入居者の質が高い場合が多いので、トラブルに巻き込まれにくくなります。ぜひ相談してみてください。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#コロナ禍

#騒音

#賃貸


1回の閲覧0件のコメント