ハウスダスト症状が気になる方に、ぴったりの部屋ご紹介できます。


こんにちは!


今や国民の二人に一人は「アレルギー症状」を持っている時代。

もはや国民病と言っても過言ではありません。

アレルギー症状で多くの方が悩んでいるものと言えば「花粉症」「鼻炎」「結膜炎」「皮膚炎」「気管支喘息」。これらに共通しているものは、ハウスダストが原因で発症してしまうことです。


ハウスダストとは、1mm以下の目では見えにくいものを指し、具体的には、ホコリはもちろんのこと、ダニの死骸やフン、カビ・細菌・花粉・繊維のくずなど様々なものが含まれています。ハウスダストは空中に舞い上がりやすい性質を持っているので、体内にハウスダストが入ってしまうと、アレルギー症状を引き起こしてしまい、発症しやすくなります。


ハウスダストを減らすためには、ハウスダストが最も落ちている「早朝」の時間帯に、モップなどを使って「優しく除去」することが一番適切であるといわれていますが、ただハウスダストを根本的に抑えるためには、掃除のみでは難しいのが現実。


実はハウスダストを根本的に抑えるためには「壁」をしっかりと掃除をすることが大切。

その理由は、通常の壁は「静電気」を発生させてしまうので、ハウスダストが付着してしまい、その結果ハウスダストが成長→床に落ちるの繰り返しになるので、発生原因である「壁」をしっかり除電をすることが大切。


しかし、慌ただしい生活を送っているママさんたちが、定期的に壁の掃除ができるかというと、それは難しいのが現実ですよね。しかしハウスダストのことを考えないで、ただやみくもに生活をしていると、特に子育てをしている場合、お子さんがアレルギー症状を引き起こしてしまう場合もありますので、注意をしないといけません。



ご安心ください。

グレイスロイヤルで現在募集しているお部屋の内、S103/202号室の全ての部屋(壁)に、自然素材の漆喰を施工していますが、漆喰は静電気を寄せ付けない効果があるので、ハウスダスト対策としては最も有効的です。


つまり、普段のお掃除をしていただくだけで、ハウスダストをあまり気にすることもなくなりますので、ハウスダスト対策のために、わざわざ空気清浄機を購入しなくても大丈夫です。


ためしてガッテンHPによると…

ハウスダストアレルギーのいちばんの原因は、ホコリに含まれる「ダニのフン」。 昨年、医療機関と掃除会社が共同で発表した論文によると、壁などを含む部屋全体のホコリをきちんと掃除することでアレルギー症状が緩和することが示唆されました。


漆喰のお部屋は、通常のお部屋と比べて「ホコリ」っぽいという感じは全くありません。また漆喰は湿度をコントロールしているので、室内がいい意味でカラッとしています。


これは漆喰がもたらすプラス効果。

実際にお部屋見学に来ていただければ、入った瞬間からお部屋の空気感が違いますので、ぜひ一度体験してみてはいかがですか?



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#漆喰 #ハウスダスト #掃除