フルリノベーションしたグレイスロイヤルの浴室は、おしゃれ空間に大変身。


ファミリー向け賃貸物件を探されている方にとって、水回り部分は非常に気にされますよね。


特に浴室部分は、どうしても長年使用していると「古さ」が出てしまう場所でもあるので、仮にリノベーションされた賃貸物件に住みたいと思っても、浴室が古いままの状態になっていると、テンションが下がってしまい、入居するかどうか迷ってしまいますよね。


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、1993年築の2LDK賃貸アパート。

2018年以降は、空き部屋を順次リノベーションを行っていますが、上級グレードの部屋のみではあるものの、浴室部分もフルリノベーションを行っているので、古さは一切感じることがなく、逆におしゃれすぎる浴室に生まれ変わったことから、ご入居されたお客様からは高い評価を頂いております。


リノベーション前の浴室

リノベーションを行うため、浴槽や設備類を全て取り出します。

浴室専用の特殊フィルムを貼り付けます

フィルム施工後の浴室

同じ浴室なのに、フィルム交換しただけでここまでさが出てきます。


シャワー水栓と鏡を新調したことで、古さが全く感じさせない浴室になりました。
シャワー水栓と鏡を新調したことで、古さが全く感じさせない浴室になりました。

リノベーション前と後を比較すると、一目瞭然に違いが判ります。

これからの時期は、夏バテがしやすくなるので、疲労が蓄積しやすくなりますが、浴室がおしゃれになっていると、心身ともにリラックスすることができるので、メリハリのある生活を送れますよね!


また浴室をリノベーションしたことによって、通常の浴室と比べると「防カビ」効果が期待できます。今回施工した業者さんの話によると、入浴後壁に付着した水滴を「ふき取る」だけで、壁自体が防カビ使用になっていることから、カビが発生しにくいとのこと。またカビキラーなどを使用してしまうと、防カビ仕様の効果が薄くなってしまうとのことですので、使用は控えてほしいとのことです。



お部屋探しの際、参考になれば幸いです。


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



閲覧数:3回0件のコメント