ペット不可賃貸物件でも交渉すればペット可能になるの?


賃貸物件において「ペット」と一緒に生活できる物件は、それほど多くはなく、大多数の物件では、原則として「ペット不可」となっています。


ペット不可物件が多い理由としては…

・壁やフローリングに多数のキズがついてしまう

・壁などにおしっこなどをつけられてしまい、退去後のクリーニングが大変になる

・ペット可物件は、敷金を通常の倍以上に設定しないと、不安になるオーナーさんが多い

・ペットの泣き声における騒音トラブルを避けたい


このような理由から、ペット不可物件は今でも多いのですが、ただペットが大好きな方にとって、ペット可物件が全体的に少ないことから、できるものならばペット不可物件でも飼えないか交渉したいという気持ちになってしまいますよね?


ペット不可物件で、ペットをどうしても飼いたい場合、交渉すれば「特別」にペット飼育は可能になるのでしょうか?

残念ですが、たとえ交渉したとしても、ペット不可物件では100%ペットを飼うことはできません。


コロナ禍において「ペットの需要」が非常に高まっていることから、ペット可物件に切り替えれば空室対策になるのではと、考えるお客様もいると思いますが、どうして多くの賃貸物件では「ペット不可」にしているかというと・・・


ペット不可物件は、基本的にペットを飼わないことを条件に入居してくる方、またもともとペットアレルギーがあるから、ペット不可物件に入居した方もいると思います。

この時、ペット不可物件からペットOKにしてしまうと、たとえ退去後にしっかりとリフォームしても、ペットアレルギーをお持ちの方が症状を引き起こしてしまう可能性があり、もし重篤化になってしまうと、その責任は貸した側の管理会社やオーナーさんの責任になってしまいます。


このようなことから、ペット不可物件ではたとえ賃貸業界が「閑散期」であったとしても、ペット飼育を認めることはできません。ペット飼育をされたい方は、ペットが飼える賃貸アパートを探すしか方法はありません。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。






閲覧数:21回0件のコメント