ホワイトインテリア賃貸で暮らす、贅沢な日々。


賃貸物件の壁の色というと、白を連想される方が多いと思います。

賃貸物件で使われている壁の99.9%は「壁紙」であり、また賃貸物件で採用されている壁紙は、退去後すぐにリフォームができるように「量産品」を使用していることが多いので、賃貸物件生活が長い方は、壁紙を見ただけで「いつもの壁紙」と感じてしまいます。


このようなこともあり、賃貸で使用されている壁紙は「定番の白」であることから、賃貸でおしゃれな生活をしたい方にしてみると、おしゃれな雑貨などをうまく使わなければ、おしゃれな部屋にすることは難しくなってしまいます。


しかし、甲府市大里町にあるグレイスロイヤルのリノベーション部屋においては

ナチュラルテイスト&ホワイトインテリア空間

になっていることから、現在使用されている家具であっても、おしゃれな部屋にすることが比較的簡単になるので、ご入居されたお客様からは高い評価を頂いております。


【リノベーションしただけで、ここまで変わります】

リノベーション前。よくある賃貸のLDKですね。

リノベーションで生まれ変わったおしゃれなキッチン
リノベーションで生まれ変わったおしゃれなキッチン

生活感を感じさせない居心地がいいキッチン空間になっています。
生活感を感じさせない居心地がいいキッチン空間になっています。

当物件のリノベーションは、できる限り「自然素材の材料」を室内に取り入れる「ナチュラルテイスト」になっています。リノベーション後のキッチンは、本体はそのまま使用しているものの、扉やキッチンパネルは「新しいもの」に交換していて、扉には「無垢材」を使用しています。


また壁には、漆喰を施工していますが、漆喰を施工することによって「自然光を反射させる効果」が期待できることから、通常の白の壁紙を使用している部屋と比べると、電気をつけなくても室内空間が明るいので、室内がおしゃれに見えてきます。


さらにホワイトインテリアの魅力は、お手持ちの家具との相性もいいことから、空間コーディネートがしやすいところ。基本的に使用している家具は「同系色」の場合が多いことから、ホワイトインテリア空間との相性もいいので、空間がぼやけて見えたりすることはありません。



山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルのリノベ部屋は、家具との相性がとてもいいのも魅力的

現在募集中のS101号室のLDKには、展示用として「ダイニングテーブル」を設置していますが、こちらのテーブルはIKEAで購入した無垢材(パイン材)のテーブル。


キッチン扉やキッチンカウンターに使用している木材と同じ(ただし完成前にオイルステインを塗っているので、色が若干濃くなっていますが)になっていることから、設置するだけで「映えるような部屋」になるので、おしゃれな部屋を作ることが苦手な方でも、これならば安心してレイアウトができますよね。


お部屋探しの際、参考になれば幸いです。

閲覧数:2回0件のコメント