ホームセキュリティーがなくても誰でも簡単にできる3つの防犯対策とは?


こんにちは!

山梨県は、首都圏と比べると明らかに治安はいいのですが、犯罪は「いつ」「どこで」発生するかわかりません。特に「空き巣」はちょっと家を離れたわずか数分間であっても、被害にあってしまう傾向。

財団法人都市防犯研究センターの調べによると、空き巣が建物を壊して室内に侵入するまで5分以上経過してしまうと、犯人の約7割は犯行をあきらめてしまうとの事。


賃貸物件の場合、多数の入居者が生活をしている住宅なので、怪しまれない服装で何気なく敷地内に入ってくれば、その人が犯人であるとはだれもが予想できません。


最近の賃貸物件には、ホームセキュリティーが導入されていますが、ホームセキュリティーが設置されている物件は、比較的最近施工された新築賃貸物件が多く、築年数が経過した物件には、なかなか設置されていません。またホームセキュリティーは警備会社のシステムと回線を結んでいることから、当然ランニングコストがかかっていますので、一部の費用は家賃の中に上乗せされています。ですので、ホームセキュリティーが標準装備の賃貸は、比較的家賃が高めの傾向となっています。


しかし、ホームセキュリティーがなくても、最近の賃貸物件には防犯面を強化した設備が設置されていますので、それらをしっかりと使っていただければ「空き巣被害のターニングポイント5分」をしっかりと耐えられると思います。


では身近にある設備をどのように活用すれば、防犯対策として有効的でしょうか?

①外出時・就寝時、玄関のカギは必ず2か所施錠をする。

賃貸物件に設置されてある「玄関ドア」の施錠個所は、基本的に2か所あります。

2か所しっかりと施錠をしてあると、室内に侵入数る時間がその分長くなりますので、空き巣をあきらめさせる要因を作ります。外出時就寝時はもちろんですが、ごみを出しに行く時なども、油断はせずにしっかりと施錠したほうが賢明であると考えます。


②シャッターをしめる。

空き巣が室内に侵入する経路は主に二つしかありません。

玄関もしくは窓。


当物件のお部屋には、角部屋の出窓以外の全ての窓の所に「シャッター」が設置されています。就寝時や長期留守にする場合、シャッターを閉めていただければ、シャッターを操作する段階で「ガチャガチャ」とした音が鳴りますんで、犯人たちが犯行をあきらめる可能性も高くなりますので、防犯対策としては有効的になります。


また長期留守にする場合、新聞がポストにたまった状態にしておくと、空き巣のターゲットになってしまいますので、空き巣被害にあわないためにも、数日留守にする場合には新聞配達を止めておいた方が賢明かもしれません。



③テレビドアフォンを有効活用する。

当物件では「テレビドアフォン」が標準装備さてています。

最近では築年数が経過した物件でも、テレビドアフォンは標準装備になっている所が圧倒的に多くなってきています。インターホンを鳴らすとスクリーン上に映像が出てくるので、防犯対策としては最も有効的なアイテムと言えそうです。



いかがだったでしょうか?

今回ご紹介したたった3つの防犯対策。

テレビドアフォンは、活用されている方も多いと思いますが、それ以外の部分においては意外に実践されていない方の方が多いのではないでしょうか?


グレイスロイヤルでは、築年数が経過している物件なので「ホームセキュリティー」は設置していませんが、その代わり防犯対策として有効的な設備が標準装備となっているので、これをしっかりと行っていただければ、抑止効果としては有効的になると考えています。




「ごみ置き場が常にごみで散乱している」

「ゴミ出しマナーが守られていない」


このような物件は、おそらく外部の人がごみ出しを不法にしていることから、空き巣などといった犯罪を発生させる要因の一つを作ってしまいます。当物件ではオーナー自ら物件清掃を行っていますが、ごみ置き場の管理までもしっかりと対応していますので、仮にごみ出しのマナーが守られていない場合があったとしても、オーナーがしっかりと対応をしていますので、常にごみ置き場が清潔な状態になっています。



また当物件の駐車場入り口には、防犯カメラが設置されていますので、どうぞご安心ください。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#防犯 #防犯対策 #防犯カメラ