リノベで生まれ変わったモダン空間の和室部屋。



賃貸で和室部屋があると聞いただけで、敬遠する人は多いはず。

それもそのはず。賃貸で和室部屋があると、入居期間中にきれいに使用していたとしても、また一度使用していないとしても、退去時に「表替え」費用が必然的に発生してしまうので、わざわざ和室部屋を好んで入居する人は、よほどの和室好きでなければ、まずいないのが現実。



ただ、もし和室部屋が…

おしゃれで

モダンで

居心地がよく

退去費用も原則かからない

事を知ったらどうでしょうか?



一度は見てみたいと思いませんか?



甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、1993年に建てられた賃貸アパートということもあり、和室部屋が標準装備になっていますが、2018年から空き室を順次リノベーションを行っても、和室部屋はそのまま利用させてもらっていますが、ただ使用している畳が違います。


当物件で採用している畳は、琉球畳という「縁」がない正方形の畳。

よく見かける縁がついてある長方形の畳ではありません。


当物件の和室部屋は6帖となっていますが、6帖=全ての部屋が同じ広さということではありません。部屋ごとで「微妙」に広さが違うことから、既製品は一切使用できません。


つまり、こちらの琉球畳は「オーダーメイド」


畳が完成した時、どの畳をどこの位置に置くかを、事前に決めておかなければならないので、畳の裏側には「目印」を事前につけておいて、納品時「順番通り」に畳を敷いていきます。


また、琉球畳は「日焼け」がしにくい性質を持っていることから、お客様が故意に破損させない限り、退去時に表替え費用が発生することはありません。これはうれしいことですよね。






完全オーダーメイドの琉球畳を、当物件では施工していますが、実は賃貸で和室があることは、ものすごくメリットがあります。




賃貸物件においては、生活音が原因の騒音問題が頻繁に発生してしまい、人によって音の認識が違うことから、どうしてもトラブルになりやすくなります。


近年では賃貸洋室化が進んでいることから、全てのお部屋は「フローリング」となってしまうので、どうしても生活音が出やすくなります。


しかし、畳があることによって、吸音効果が期待できることから、騒音トラブルを回避することがしやすくなるので、和室部屋は1つあったほうがお客様にはオトクになる場合が多いです。





一般的に、畳は「ダニが発生しやすい」と言われています。

ただ毎日掃除をすれば、ダニの発生をそれほど注意しなくても大丈夫ですが、ただ世間的に畳=ダニが発生するという図式が成立してしまうので、こういう部分も畳は不利になりがちになります。


しかし、琉球畳においては、通常の畳と比べるとダニの発生率は少なく、ダニの好物でもあるカビに関しても、当物件上級グレードの部屋においては、調湿効果が期待できる漆喰を施工してあることから、ダニが発生しにくい環境を作ってくれます。


つまり、琉球畳が敷いてある部屋ならば、掃除をしっかりしてもらえれば、必要以上にダニを心配することはありませんので、ご安心ください。



また、畳があることによって、ベビーベッドの代用としてもお使いいただけます。

お子さんが小さいうちは、ベビーベッドを使用される方も多いと思いますが、ただ賃貸でベビーベッドを使うと、部屋が狭くなってしまうのはもちろんですが、ベッドの柵が万が一外れていた場合、けがをしてしまう恐れもゼロではありません。


しかし、和室部屋ならば、布団を敷けばすぐに赤ちゃんを寝かしつけることができ、転落事故などは起こりえないので、ママさん達も安心できますよね。




賃貸の和室部屋と聞くと、使いにくく、古臭いといったイメージが先行してしまいますが、ただ使い方によっては、幅広い使用方法がありますので、やはり賃貸には和室部屋があったほうがいいのかもしれません。



#賃貸

#子育て

#和室

#琉球畳



2回の閲覧0件のコメント