リノベーション賃貸ってどうなの?本当に住みやすいの?


最近賃貸物件を探されている方の中には、リノベーション賃貸をあえて探している方もいますが、リノベーション賃貸とはそもそもどのような賃貸なのか?またリノベーション賃貸に住むことによって、どのようなメリットがあるのか?いまいちわかりにくいですよね。


そこで今日のブログは、リノベーション賃貸に住むことによって、得られるメリットについてお話ししたいと思います。


目 次

1.リノベーション賃貸とは?

2.リノベーション賃貸のメリット

3.リノベーション賃貸のデメリット

4.まとめ

1.リノベーション賃貸とは?

新築賃貸物件は、最新設備を導入していることから、生活がとてもしやすいという部分が最大のメリット。ただ年数が経過していくと、消費者(ご入居者様)のニーズも変化していくことから、当初は使いやすかった設備や内装が、年数を重ねていくたびに「使いにくく」なりがちになります。


そこで、築年数が経過した物件においては、設備や内装を一新させることによって、入居者様の入居後の不満点を少しでも解消させる「リノベーション」を行う物件が近年増加傾向となっています。




2.リノベーション賃貸のメリット

リノベーション賃貸は、主に築20年以上経過した空き部屋の「内装や設備を一新」させているケースが多いのですが、リノベーション賃貸に住むメリットとはどのようなものがあるのでしょうか?


①古さを感じさせない

リノベーション賃貸は、内装や設備を一新させているので、「古さ」を感じることは一切ありません。


築年数が経過している物件というと「設備が古すぎる」「内装が古い」などと、ネガティブなイメージがどうしても先行してしまいますが、リノベーション賃貸は、全てを一新させているので、おしゃれに敏感な方であっても、受け入れられる部屋になっている可能性は非常に高いと言ってもいいと思います。


②デザイン性がすごい!

リノベーション賃貸を施工している管理会社においては、新築物件を探している方をターゲット=集客対象としてるので、新築物件以上に室内空間が「おしゃれ」になっていなければ、お部屋を借りてもらうことが難しいことから、デザイン性の部分においても、しっかりと対応した部屋となっているケースが多いです。


③家賃がリーズナブル

リノベーション賃貸は、新築同様の部屋になっているものの、築年数が経過していることから、新築物件と比べて「家賃がリーズナブル」となっています。


また初期費用も新築物件と比べて、設定項目が少ないので、初期費用も抑えられるので、新築物件に入居予定をされていた方が、リノベーション賃貸に住むことによって、必然的にお金が節約できることから、浮いたお金を将来のために貯蓄をすることが簡単にできてしまいます。



3.リノベーション賃貸のデメリット

①リノベーション賃貸と謳っていたのに…

リノベーションに関する定義付けがなされていない以上「これって明らかにリノベーションとは言えないよね?」と思うような部屋でも、リノベーション賃貸と謳っていることがあります。


よくありがちなのは、浴室部分をリノベーションしようとすると、費用が高額になってしまうことから、浴室だけはそのまま使用している物件が意外に多いので、もしリノベーション賃貸に住む場合、どの部分をリノベーションしたか担当者に確認してみると、その物件のリノベーションの本気度がわかります。


②防音性について

近年施工されている新築物件においては、防音性の部分も強化して施工しているものの、生活音が全く気にならないといった新築物件は皆無。

また鉄筋コンクリート賃貸は「生活音が気にならない」と言われていますが、管理会社の担当者の話によると、鉄筋コンクリート賃貸であったとしても、生活音問題は発生しまうとのことです。


リノベーション賃貸においては、防音に関する工事は特段していないので、生活音はどうしても発生してしまいます。

ただ管理が徹底している物件においては、生活音問題は発生しにくいと言われていますので、もし生活音が気になる方は「生活音クレーム件数」が少ない物件を探してみてはいかがでしょうか?



③室内の機能性

LIXIL住宅研究所の調べによると、築年数が経過すればするほど「室内の機能性(断熱・湿気など)」に対する不満が多くなり、不満が解消できない場合には「住み替え」を検討している人が約3割いることがわかっています。


リノベーションを行う賃貸は、主に築20年以上が経過している物件ばかりなので、当然室内の機能性は悪くなっていますが、ただリノベーション時にこのような部分に対して対応している物件は、正直少ないと言っても過言ではありません。



4.まとめ

リノベーション賃貸は、設備や内装を一新させたことから、古さを感じることは一切なく、また新築以上の部屋になっているのに家賃がリーズナブルなので、家賃を抑えたいと考えている方にとっては、魅力的な部屋。


ただその一方で、室内の機能性の部分に関して、リノベーションで対応していない所もあるので、リノベーション賃貸に住むときには、どのようなリノベーション工事をされたのか、一度確認されたほうがいいのかもしれませんね。


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#リノベーション #賃貸