リノベーション賃貸に入居する際に確認すべきこととは?


近年、不動産賃貸業界では「賃貸物件の空室率」を少しでも改善しようとする動きがあります。一般的に築年数が経過しているアパートは、どうしても敬遠されてしまいがちになり、何かしら対応をしなければ、空室を解消することができません。


そこで、古くなった部屋を「新築並み」に蘇らせる「リノベーション」をする物件が増え始め、この動きは地方都市にある賃貸物件にも波及し始めています。


空室率が全国ワースト1位の「山梨県」においても、近年では築年数が経過した古い物件を「積極的にリノベーション」する所が多くなってきました。

リノベーション賃貸の最大のメリットといえば、ズバリ新築並みの部屋になっているのにも関わらず、家賃が新築より安い点。

また、デザイン性の部分においても、新築とあまり変わりはない事から、最近ではあえてリノベーション賃貸に住む方が多くなってきています。


その一方で、リノベーション賃貸のデメリットといえば、

建物の築年数が経過しているので、設備不良が発生しやすい

部分は、否定することはできません。


ただ、これは築年数一切関係なく(ある意味においては平等)発生している問題であることから、問題が発生した時にすぐ対処することができれば、何ら問題はありません。

大手管理会社が管理している物件においては、原則として24時間管理を行っています。これは管理会社の営業時間外(夜間や定休日など)に建物設備などで問題が発生した場合、コールセンターに連絡してもらえれば、担当者がすぐに現場に駆けつけて対応してもらえるサービスです。


大手管理会社物件においては、この24時間管理サービスは「無料」となっていますが、ただ一部の管理会社においては、24時間管理サービスがそもそもついていない、もしくはオプションになっているケースがあります。



もし、リノベーション賃貸をお探しの場合は

・24時間管理をしている物件か?

・24時間管理サービスは無料か?

・修繕が発生した場合、すぐに対応してもらえるのか?

以上の点を必ず確認されることをおススメします。



グレイスロイヤルは24時間管理

甲府市大里町にあるグレイスロイヤルでは、大手管理会社のハウスメイトと管理委託契約を結んでいますので、24時間管理となっています。


管理会社の営業時間外に発生したトラブルに関しては、コールセンターに連絡して頂ければ、対応してもらうことができ、緊急性が高い事案に関しては、担当者がすぐに現場に急行しますので、安心して生活することができます。



閲覧数:5回0件のコメント