リノベーション賃貸はココを見て!


こんにちは。


近年山梨県内にある「築年数が経過した物件」の一部では、室内の設備や内装を一新させる「リノベーション」を行う所が増えてきました。

築年数が経過した物件と聞くと、誰もが敬遠してしまいがちですが、室内の設備や内装をすべて新しく(場合によっては間取りそのものを変える場合もある)したリノベーション物件は、築年数を感じることは一切ないと言っても過言ではないぐらい、新築物件と見違えるような、おしゃれな部屋に生まれ変わります。


またリノベーション賃貸の魅力としては、新築物件と殆ど遜色ない部屋なのに、家賃がリーズナブル。新築物件と比べると、約2~3万円位は安くなっているので、将来のために貯蓄をしたいと考えているご夫婦などには、ピッタリのお部屋と言ってもいいと思いますよ^^


ただ、リノベーション賃貸で一つ気になる点があるんです…。

それは、室内の設備や内装はしっかりと一新されているのに、ある部分だけ「古いもの」をそのまま再利用している物件が非常に多いんです。


それは靴箱。

リノベーション物件の多くは、築20年以上の所が多いのですが、築年数が経過した物件の靴箱は、今では考えられないぐらい「小さめ」のものが置いてあるので、正直家族全員分の靴が収納することはできません。


ただ意外なことに、靴箱に関して新しいものを設置している物件は、正直言って少なく、以前から使用している靴箱をそのまま再利用している所が多いので、もし靴箱が古いタイプのものでしたら、そのリノベーション部屋は「残念賞」になってしまいます。


当物件においては、2018年度より空き部屋を順次リノベーションを行っていますが、M棟以外でリノベーションをしたお部屋の靴箱は、もちろん新しいものに交換しています。



既製品ではありますが、約26足収納可能

リノベーション工事を行う際に、靴箱も新しいものに交換をしています。

靴箱に関しては、既製品を導入していますが、従来の靴箱と比べると約2倍ぐらいは収納することが可能になります。また女性用のブーツに関しても専用の収納棚が設置されていますのでご安心ください。


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#靴箱 #リノベーション