リノベーション賃貸を探す場合、玄関靴箱に注意。


近年の賃貸業界では、賃貸物件の空室率を少しでも埋めるべく、築年数が経過した物件を、新築同様に生まれ変わらせる「リノベーション」を手掛ける所が増えてきました。


リノベーションをすることによって、内装や設備が一新されるので、築年数は経過しているものの、古さはほとんど感じられず、さらに家賃が新築と比べると割安となっているので、「新築物件に入居したいけれど、予算的に厳しい」方にとっては、理想的な部屋であることには間違いありません。


ただその一方で、リノベーション賃貸の中には、キッチンなどの設備は交換しているものの、靴箱が交換されていないケースは意外に多いのが実情です。<