リビング内にこもるニオイの原因は、実はキッチンに問題。


おはようございます。

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


お友達の家にに行こうとして、玄関を開けた瞬間「独特なニオイ」を感じたことがある方は、おそらくほとんどだとは思いますが、そのニオイは「生活臭」と呼ばれているもの。


生活臭はどの家にもあります

特に自分の家の場合、生活臭になれてしまっているケースがあるので、第三者などに指摘してもらわなければ、自分の家の生活臭が「クサい」とは思いませんし、またもし臭いと指摘をされれば、ショックですよね…。


特に一番問題なのは、キッチン。


近年の賃貸物件では対面キッチンが主流に

近年施工された賃貸物件は、若い世代に人気が高い「対面キッチン」を導入するケースが非常に多くなってきています。対面キッチンの最大の魅力は「リビングの様子」を見ながら料理や配膳・後片付けなどができる点。


しかし、対面キッチンにもデメリットがあります。それはニオイの問題。

対面キッチンはリビングと対面する形にキッチンを置いているので、換気をしていても調理中のニオイがどうしてもお部屋に充満しやすくなります。


賃貸物件の殆どの壁紙は、消臭効果に対応は一切していない、普通の壁紙を使っているので、時間の経過と共に、壁紙に調理のニオイなどが染みついてしまい、ニオイがついてしまう恐れも…


また夏場の時期は、生ごみなどがどうしても匂ってきやすくなりますが、対面キッチンの場合、ニオイが充満しやすくなりますので、注意が必要になります。



グレイスロイヤルならば、そのお悩み全て解決することができます。


現在募集中のS103号室・キッチン

現在募集中の部屋の内、S103・202号室のLDK・和室・洋室の全ての壁と、玄関エントランスの一部の壁には、消臭効果が期待できる「漆喰」を施工してあります。


漆喰を塗ったとしても、本当にニオイなんか取れるの?とつい疑いたくなってしまいがちになりますが、他社のデーターではありますが、漆喰を使ったモデルルームで臭いの実験(一番強烈なニオイが出やすい焼き肉)をした所、密閉状態で焼肉をしたのにかかわらず、翌日にはもうニオイそのものが全く感じられなくなったとの事。


つまり、漆喰を施工することにより、調理の際に発生しやすいにおいに関しても、時間の経過と共に、ニオイが気にならなくなるということが言えますよね!




グレイスロイヤルのキッチンは、壁付けキッチンではありますが、調理台が付いた可動式のキャビネットが標準装備になっているので、キャビネットを対面にすることで、リビングの様子を見ながら料理をすることができ、また漆喰が施工されてあるので、もうニオイを気にすることなく、料理を楽しむことができます。


また夏場の生ごみのニオイ対策に関しても…

グレイスロイヤルのごみ置き場は24時間ごみ出しOK

当物件では24時間ごみ出しOKとなっていますので、ニオイがきついごみなどがあってもすぐにごみ出しができるので、ニオイの根源を断つことができます。



いかがでしょうか?

リビングは家族がくつろぐ場所であることから、快適に過ごしたい場所の一つ。

グレイスロイヤルS103/202号室のお部屋なら、リビング内にもニオイ対策万全な漆喰を施工してあるので、お友達が自宅に遊びに来た時でも、室内のニオイを気にすることはありません。


お部屋探しの際、参考にしていただければ、幸いです。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#山梨 #甲府 #大里町 #賃貸 #アパート #グレイスロイヤル

#デザイナーズ #インテリア #リノベーション #和室 #琉球畳

#おしゃれ賃貸 #カフェ風 #キッチン #ナチュラルテイスト #漆喰

#仲介手数料無料 #ニオイ対策