リメイクシートを使わなくてもおしゃれなキッチンが標準装備されています。


こんにちは。


賃貸のキッチンの多くは、既製品を導入しているので、新築物件やリノベーション物件に導入されているキッチンを除いては、正直おしゃれなキッチンと胸を張って言うことができないぐらい、画一的なキッチンとなっています。


特に、築年数が経過した物件においては、古さがにじみ出ているので、料理を作ろうと思っても、キッチンがおしゃれでないと、テンションがあまり上がりませんよね。



そこで、最近では賃貸でも使用できる(原状回復可能な)リメイクシートが100円ショップやホームセンターなどで簡単に購入できることから、キッチン扉やキッチンパネルなどにリメイクシートを貼って、少しでもキッチンがおしゃれな空間になるように、工夫されている方がいますが、ただリメイクシートを貼るために使う「マスキングテープ」を安いものを使用すると、使用環境にもよってですが、剥がす時にきれいに剥がすことができなくなり、結果的に原状回復とは程遠いような状態となってしまいますので、注意が必要です。

(詳細については、こちらの記事をご覧ください→記事を読む



リメイクシートを貼っておしゃれなキッチンを作るより、最初からおしゃれなキッチンがある物件に入居した方が、時間もコストもかからないので、とってもオトクですが、甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、募集部屋は全てナチュラルテイストに特化したおしゃれなキッチンとなっていますので、リメイクシートをつかわなくても、おしゃれなキッチンが標準装備となっています。



無垢材をふんだんに使用したおしゃれなカフェ風キッチン

当物件は、ファミリー向け賃貸ということもあるので、水回り部分には特に力を入れてリノベーションを行っていますが、キッチンに関しては、他社物件によくあるような「既製品」を導入するのではなく、今まで使用していたキッチンではありますが、扉を無垢材に変えることで、家事をしていなくてもキッチン周辺にいることで、居心地と温かみ・温もりを常に感じられるようなおしゃれなキッチンとなっています。




無垢材扉は、家具屋さんにお願いをして特注で作っていただいています。

無垢材のいい所は、時間の経過と共に飴色に変色していくところ。これは木材が生きている証拠であり、時間の経過と共にキッチンも成長していく姿は、ナチュラル家具が好きな方にとっては、魅力的な部分と言えそうですよね。


また、無垢材扉には、汚れが木材の中に浸透しないように「オイルステイン」を塗ってありますので、普段の掃除(固く絞った濡れたタオル)さえしっかり行っていただければ、いつまでもおしゃれなキッチンを味わうことができます。



いよいよ来週から、S205号室のお部屋見学が始まります。

甲府市内で2LDK賃貸物件をお探しの方は、ぜひ当物件に遊びに来ませんか?


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#リメイクシート #キッチン