一人暮らしで2LDK賃貸は広すぎるかな?


賃貸でこれから一人暮らしをする時、一般的には単身者向け賃貸アパートを選択する方がいますが、近年では「一人暮らし=単身向け賃貸」といった考え方をする方が、それほど多くはなく、あえて広めの間取りを選択する方がいます。


現実問題として、甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、2LDK賃貸ではありますが、一人暮らしをされている方が、数的には多くはありませんが、1割程度はいます。


一人暮らしをする時、間取りが大きすぎてしまうと「部屋をもてあそんでしまう」「家賃がもったいない」と感じる方がいますが、ただ賃貸特有の悩みを解消することができたり、また今後のライフプランをしっかりと考えている方においては、むしろ広めの賃貸物件を借りるというのは、ひとつの選択肢であり、決して間違いではなさそうです。


 

目 次

1.室内を広々と使いたい方

2.収納が多い方

3.テレワークをされる方

4.今後同棲を開始~結婚をする方

5.まとめ

 

1.室内を広々と使いたい方

室内を広々と使いたい方

単身者向け賃貸アパートの場合、基本的にはひとつの部屋の中に「ベッド」「ダイニングテーブル」「テレビ」等を設置することから、ただ寝るだけに借りている方/家賃を抑えたいと考えている方以外においては、たとえ一人暮らしであっても、室内が窮屈になってしまいます。


一方LDK賃貸の場合、LDK=8帖以上が確保されおり、都市部を除き大抵は12帖前後のLDKとなっていることから、ソファーやダイニングテーブルを設置したとしても、室内空間が窮屈になるといったことは、あまり考えられません。


ただし、対面キッチンが設置されているLDKで、LDK全体で10帖程度の部屋においては、対面キッチンだけで「約4帖」スペースを確保してあることから、ダイニング・リビング空間は6帖程度しかありませんので、もしLDK10帖程度のLDKで対面キッチンが設置されている部屋に入居される方は、要注意となります。



2.収納が多い方

収納が多い方

賃貸物件に入居されているお客様における、悩みのひとつに「収納が少ない」「収納が足りない」ことがよく取り上げられます。


近年施工された新築賃貸物件においては、洋室をあえて5帖程度にして、その代わり「クローゼットを1帖程度の広さ」に広げて、何とか収納力の強化を図っていますが、ただたとえ収納スペースを広くしたとしても、お客様によって「荷物の量」は異なることから、100%満足して頂ける方は、まずいません。


一方、一人暮らしをされている方が、間取りが広い部屋を選択することによって、仮に沢山荷物がある方であっても、収納が足りなくなるといった懸念は、一切ないと言っても過言ではありません。仮に収納スペースが足りないと感じていたとしても、2LDK賃貸を借りるならば、一部屋を完全に「荷物部屋」に充てることで、トランクルーム的な使い方ができることから、収納が足りないといった懸念は、一切なくなるはずです。



3.テレワークをされる方

テレワークをされる方

新型コロナウイルス感染拡大防止の一環として、テレワークに切り替わった方も多いと思いますが、賃貸でテレワークをする際、間取りが少ない部屋で行うとなると、必然的にダイニングもしくはリビング空間で行うことになってしまいます。


テレワークで一番困ることと言えば、やはり「オンライン会議」を行う際、自分の部屋の様子が「わかってしまう」ことではないでしょうか?


もちろんzoomを使用する際には、室内の背景を「ぼかす」「別の映像を差し替える」等といった機能がついているものの、出来ることであるならば、自宅で仕事をする際には「仕事部屋で行った」ほうが、仕事とプライベートをはっきりと区別することができますが、一人暮らしをされている方が、2LDK賃貸を借りる場合、一部屋を「仕事部屋」にすることが可能となるため、作業に集中しやすい環境を作ることができます。



4.今後同棲を開始~結婚をする方

今後同棲を開始~結婚をする方

管理会社担当者の話によると、賃貸物件において「退去される方」の理由として「転勤・進学」「戸建て住宅への住み替え」がよくありますが、実はそれ以外においても「現在入居している部屋では、同棲することができないため、広い間取りの賃貸に住替えする」という理由で退去される方もいます。


もし最初から2LDK賃貸に入居していて、その後同棲することになったとしても、もし現在入居している部屋が気に入っていたのであれば、そのまま住替えすることなく同棲することが可能となり、片方のパートナーの方が「管理会社に同居人追加の手続き」を行うことで、簡単に同居することが可能となります。


住替えとなると、「退去費用」「引越費用」「新居における初期費用」が一度に発生することから、出費がかさんでしまい、頭が痛くなってしまいますが、現在入居している部屋が2LDKクラスの部屋であれば、住替えすることなくそのまま生活できるので、オトクというほかありません。



5.まとめ

いかがだったでしょうか?


一人暮らしをこれからする時、間取りが大きすぎる部屋に入居するとなると、「部屋をもてあそぶ」といった感じになってしまいがちになりますが、ただお部屋の使い方次第では、むしろ一人暮らしをされている方こそ、間取りが大きい部屋を選択するのは、決して間違いとは言えません。


お部屋探しをする際、参考になれば幸いです。


 

おススメ記事

・入居前に壁紙交換してとお願いすれば、交換してくれるの?▶今すぐ記事を読む  

・家賃にお金をかけるべき理由とは?▶今すぐ記事を読む

・カップルが賃貸を借りる場合、気をつけるべき部分とは?▶今すぐ記事を読む  

 

#部屋探し

#一人暮らし

#2LDK


閲覧数:8回0件のコメント