一度使えば虜となる。グレイスロイヤルの広々キッチン。


こんにちは。


賃貸アパートのキッチンは、限られた空間の中にキッチンを導入しなければならないので、どうしても「狭く、小さい」キッチンになってしまいます。


賃貸物件の不満点として、キッチンの使いにくさは常に上位にランクインしてしまいますが、キッチンが狭いと感じている方は、デッドスペースにつっぱり棒などを活用したり、シンクの大きさ以上のまな板を置くなど、少しでも使いやすいキッチン空間を作っています。


ただ新築物件に備えづけられている「最新の対面キッチン」であったとしても、収納や調理スペースが特段広くなっているわけでもありません。

賃貸用のキッチンは、スペースが限られているので、広いキッチンを置くことが難しいことから、新築物件のキッチンであっても、ビックリするほど広いキッチンというわけではありません。



甲府市大里町にあるグレイスロイヤルでは、2018年より空き部屋を順次「リノベーション」を行っていますが、リノベーションで特にこだわったのが、キッチン。


リノベーション済みのおしゃれなカフェ風キッチン

リノベーションする前の当物件のキッチンを、一言で言うと「一般的な賃貸キッチン」

昔のキッチンということもあり、まな板などを置く「調理スペース」の長さは、わずか34センチ。まな板一枚置けば、もう他の物を置くことができないので、使いにくいキッチンとしか言えないですよね。


また収納スペースに関しても、特に上段の棚は、高い場所にあるので、女性が使う場合、脚立がなければ収納することができないので、結果的に収納スペースがうまく活用できない事態となってしまいました。



そこで、当物件ではリノベーションを機に、キッチンをもっと使いやすくするため「可動式のキッチンカウンター」を新設しました。調理方法などによって、キッチンカウンターをL字や対面に移動させることにより、食材などの下ごしらえがとてもしやすくなりました。


また賃貸の対面キッチンの場合、キッチン空間(コンロ周辺)が壁に覆われているので、エアコンの風がキッチンまで届きにくく、夏の時期は、キッチン周辺がとても暑くなりますが、当物件のキッチンは遮るものがない「壁付け」スタイルなので、対面キッチンと比べると、キッチン空間がそれほど暑くなることはありません。


また、キッチンカウンターには、大きい調理器具などが簡単に収納できるので、キッチン本体の収納と合わせれば、収納に困ることはもうなくなるかも…



グレイスロイヤルのキッチンは、壁付けキッチンになっていますが、壁付けキッチンは対面キッチンと比べて場所を取らないので、LDK全体を有効活用することができます。当物件のキッチンなら、キッチン&お部屋も広々使うことができるので、圧迫感を感じるようなことはありません。




今秋、リノベーション部屋を募集するので、お部屋が完成した時は、ぜひ一度当物件のキッチンを見に来てくださいね!



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#キッチン #リノベーション