今すぐ賃貸アパートを退去したい。解約は可能なの?


賃貸物件に入居して、わずか数か月だけど「どうしても退去・引っ越ししたい」と思った時、管理会社に連絡すれば「解約手続き」をしてもらえるのでしょうか?


結論から先に言いますと、入居して数か月であっても「解約」することは可能です。

ただし、お客様と管理会社との間で結ばれた「賃貸借契約」において、早期解約することによって、デメリットが発生する可能性が出てくることがあります。



デメリット1:短期解約違約金が設定されている場合

賃貸物件契約の際、家賃が一定期間無料となる「フリーレント」付き物件を選んだ場合、早期に解約されてしまうと、管理会社やオーナーさんにとって大赤字になってしまいますので、フリーレントがついている物件に入居されるお客様には、管理会社が定める期間内は入居していてもらいたいという狙いから、違約金が設定されています。


ここで気になる違約金の内容ですが、一般的には「契約日から1年未満で退去した場合、違約金として家賃1か月分を支払う」ことが多いのですが、ただ物件によっては「1年未満での退去で家賃3か月分」「2年未満での退去で家賃2か月分」と高額設定になっている所があります。


正当な理由があったとしても、賃貸借契約において「違約金支払いに同意」している以上、支払いを拒否することはできません。



デメリット2:初期費用は返金されません

賃貸借契約書に「署名」「捺印」をした以上、たとえ契約先の物件において「生活履歴」がないとしても、解約となった場合初期費用は返金されません。


また大手管理会社物件においては、契約書の中に「室内クリーニング」に関する特約を設定しています。室内クリーニング費用とは、退去後清掃業者さんが「室内をきれいに清掃」するために発生するものですが、これは退去時に請求されます。


たとえ契約先の物件において「生活履歴」がなかったとしても、室内クリーニング費用は発生しますので、契約時には注意が必要です。



デメリット3:すぐに解約することはできない

すぐにでも解約したいと思っても、すぐに解約することはできません。

一般的に、解約する場合「解約希望日の1か月前」までに、管理会社に連絡することになっています。解約をする場合の家賃に関してですが、解約日が翌月となる場合は、当月分は通常の家賃が発生し、翌月の退去日までは「日割り家賃」となります。




このような場合は、すぐに管理会社に連絡して!




入居してわずか数か月足らずで「退去」する方の一部は、入居先の部屋で「解決することが難しそうなトラブル」に巻き込まれてしまった場合があります。


例えば…

「室内ムシ駆除を入居前に行ったはずなのに、入居後害虫が出て嫌になってしまった」

「隣/上階から毎日のように騒音が響いて、日常生活に支障をきたすほどになっている」


もしこのような場合には、管理会社にすぐに連絡してください。


上記のような内容が実際にあった場合、これは明らかに「管理会社における管理体制に問題がある」場合が多く、担当者の管理認識が明らかに逸脱している証拠となります。


室内ムシ駆除を行ったのに、入居後害虫が発生することは「まずない」といってもいいほどで、万が一入居後に害虫が発生した場合、ご入居者様から「連絡」を頂ければ、すぐに害虫駆除した業者さんに「クレーム」及び「室内駆除をもう一度させる」対応を取ります。

(当然ですが、室内駆除をやり直しとなった場合、無償対応となります)



また、騒音問題がひどすぎるという場合、ここまでの状態に至らしめたのは「管理担当者の怠慢」によるもの。もしこのような状態が続けば、誰もが「退去」したくなってしまいます。もし社会常識を逸脱するような「深夜~早朝にかけての騒音」が発生した場合には、担当者経由で当人たちに「厳重注意」を行い、それでもなお騒音が続く場合には、最悪「賃貸借契約を解除」といった厳しい対応をとることもあります。



急な転勤によって、退去せざるを得ない方以外で、入居して数か月ぐらいで「退去」される方の多くは、入居先の物件で「トラブル」に巻き込まれてしまった恐れがあります。


もし管理側におけるミスの場合には、連絡して頂ければ「すぐに対応」し、やり直しや注意などをして「今後トラブルが発生させないよう」しっかりと管理しますので、物件側の不注意による早期退去は、お客様にとってもデメリットでしかありませんので、もし問題が発生した場合には、すぐに管理会社までご連絡ください。



閲覧数:8回0件のコメント