入居審査に一発で落とされる方の共通点とは?


賃貸物件に入居される場合、必ず入居審査があり審査が通らないと、入居許可=賃貸借契約を結ぶことができません。



近年では入居時に「家賃保証会社」に保証料を支払っていただく事を「必須」とする物件が増えてきたことから、入居審査の流れ的には家賃保証会社→管理会社審査となり、通常何もなければ数日で完了します。


中には、何かしらの理由で入居審査が通らない場合もあり、通らない方にはある共通点があります。今日のブログでは入居審査で一発で落とされる方の共通点について、お話していきたいと思います。



 

【目 次】

1.過去に家賃滞納を繰り返していた

2.収入的に家賃を支払う能力がない

3.仲介担当者に常識を逸脱するような要求を繰り返していた

4.契約打ち合わせの段階で、入居予定者(同居者)が来ない

5.まとめ

 

1.過去に家賃滞納を繰り返していた


管理会社・家賃保証会社では「家賃滞納」に関しては、シビアな態度をとります。

このこともあり、過去5年間の間に「家賃滞納を繰り返していた」「強制退去処分を受けた」ことが分かった場合、入居審査の段階で即落とされます。


家賃保証会社では「滞納を繰り返していた方」「強制退去処分となった方」の履歴を5年間保存していて、これらの情報は家賃保証会社が加入している協会に共有され、教会に加入している別の家賃保証会社でも履歴を追うことができることから、違う賃貸物件に入居しようと思っていても、協会内に所属している保証会社を利用していた場合、一発で審査に落とされてしまいます。



2.収入的に家賃を支払う能力がない

一般的に「家賃は手取り収入の3割以下」に抑えるのが望ましいと言われています。


収入の割に家賃の支払額が多くなれば、入居後家賃の支払いが難しくなってしまい、家賃滞納リスクが上昇してしまうことにも繋がりかねませんので、家賃保証会社では収入的に家賃の支払い能力がないと判断した場合には、審査を通さない傾向ですが、ただボーダーライン上にいる方に関してのみではありますが「連帯保証人」をつけることを条件に、入居許可を出すこともあります。



3.仲介担当者に常識を逸脱するような要求を繰り返していた


あまりご存知でない方が多いのですが…

実はお部屋探しをされてる段階から、すでに入居審査は始まっています。


お部屋見学に来られた方の中で、そのままお部屋契約をされる方は多いと思われます。

入居する際「初期費用」を支払わなければならないので、お客様にとっては「できる限り費用を抑えたい」という思いから「初期費用を安くすることはできませんか?」と交渉されると思われます。


交渉する分でしたらまだいいのですが、問題なのは仲介担当者に「社会常識を逸脱するような無茶な要求」をする方が若干名いるのも事実。


例えば…

「仲介手数料を無料にしなければ入居しない」

「担当者に無茶な要求をする」

「恫喝的な言動を繰り返す」

「家賃保証会社の初回保証料は支払いたくはない」


このような言動を繰り返している方は「入居後間違いなくトラブルを引き起こす」と判断され、管理会社における入居審査の段階で「一発アウト」になります。



4.契約打ち合わせの段階で、入居予定者(同居者)が来ない

賃貸借契約を結ぶ場合、原則として数回ぐらいは「仲介会社」に訪問をして打ち合わせをしなければなりません。ここで問題となるのは「正当な理由がないのに、入居予定者が打ち合わせに来ない」と、仲介会社は「本当に入居させてもいいのか?」と直感し、管理担当者やオーナーさんに相談を持ち掛けます。


一番多い事例としては、2LDK賃貸アパートに女性単独でお部屋申込をした場合、管理会社では「怪しい」と判断します。なぜなら一人で暮らすのに2LDKに住む必要性は基本的にはまずないはずなのに、2LDKを借りるということは「何か裏がある」と判断し、その後調査をしていくと、やはり仲介会社が思っていた通りの結果となる場合が多く、この様なケースの場合、たとえ収入的には家賃支払い能力があったとしても、入居を許可してもらえる可能性は皆無となってしまいます。


 

補 足

女性単独で2LDK賃貸を借りられる方の中には、お部屋の中でエステサロンを行う方もいます。基本的に居住用賃貸で第三者を招き入れる(営業)ことはできませんが、オーナーさんが許可を出せば、例外的にOKという場合もあります。

ただし、契約時にしっかりと事業説明をする必要があり、万が一事業説明以外のことを行っていたことが分かった場合には、賃貸借契約を解除となる場合もあります

 


5.まとめ


入居審査と聞くと「怖い」というイメージがつきやすくなりますが、ただ殆どの方は入居審査で落とされるようなことはありません。また万が一入居審査(家賃保証会社)で落とされてしまった場合でも、仲介会社では別の家賃保証会社に審査を回し、審査に通ったということはよくありますので、ご安心ください。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#入居審査  #家賃保証会社  #賃貸借契約

閲覧数:5回0件のコメント